体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まるでマジック!撮影後にフォーカスや露出を調整できる写真アプリ

MultiCam

今でこそカメラはオート撮影が一般的だが、カメラというのは元々、絞り値を調整し、ピントを合わせ、それからシャッターボタンを押すという一連の操作が必要なもの。

そうしたマニュアル操作では、わざとピントをずらしたり、露出を抑えたりして“味”のあるショットが撮影できる。

オートでピントも露出も設定してくれるのはラクだが、それではつまらない。しかし自分ですべて設定するのはちょっと…という人にうってつけのiOS撮影アプリが登場した。「MultiCam」だ。

■フォーカスは最大16パターン

撮影は他のアプリと同様、普通にシャッターボタンをタップするだけ。ポイントは、1回のシャッターで露出が最大6パターン、フォーカスは最大16パターンで撮影されること。これが、マジックの秘密だ。

撮影した写真を表示すると、露出とフォーカスのスライダーが現れるので、ユーザーはリアルタイムでその変化を確認しながら、好みのものを保存できるというわけだ。

■露出を変えるだけで印象に変化

露出は同じでもフォーカスを変えるだけで写真の印象は違ってくるし、逆の場合も然り。会心の1枚はもちろんメールやSNSなどでシェアしたらいいだろう。

撮影した写真を回転させたり明るさを調整したりする編集アプリはたくさんあるが、撮影後に幅をもってフォーカスや露出を調整できるというアプローチは斬新といえるだろう。

アプリはiOS 8以降で利用できる。ダウンロードは200円。

MultiCam/iTunes

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy