ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

紙と空き瓶だけできる「ハロウィンランタン」の作り方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

もうすぐハロウィン! 「ジャック・オウ・ランタン」を作るのは時間もかかるし、難しいけれど、なにかハロウィン風のランタンが欲しい……。それなら、空き瓶を使ったお手軽ランタンはいかが?

カボチャだけじゃなくオバケや魔女など、お好みのハロウィンキャラクターを作ってみて!

部屋に飾るだけでハロウィンの雰囲気がグッとあがる「ランタン」。かぼちゃを使用したランタンが主流だが、今回は空き瓶を利用した手作りランタンに挑戦してみよう!材料

・ジャムなどの空き瓶(大きめのもの)
・木工用ボンド
・ティッシュペーパーや半紙などの薄い紙
・黒い色画用紙
・クレヨンや絵の具作り方

1. 瓶のサイズより少し大きめに半紙を切り、オレンジ色に塗る。今回はクレヨンを使用したが、絵の具などでもOK。

2. 瓶に木工用ボンドをまんべんなく塗り、先ほどの紙を貼り付ける。シワが合った方が味わいがでるので、気にせず貼り付けよう。

3. 黒い色画用紙で顔を作って貼り付ければ、完成!

火をつけると、こんな感じに仕上がる。もともと色がついた薄紙などを使用すると、さらに雰囲気がアップするのでオススメ。

制作時間は30分程度。不器用な筆者でも、簡単につくることができた。もっと手軽に作りたいという人は、上記写真の左のようにティッシュを巻き付けて、顔を貼れば、白いおばけの完成。こちらもポップでかわいい! この際、ティッシュは通常2枚重ねになっているので、分離して1枚ずつ貼ると良い。

切って貼るだけと簡単なので、子どもと一緒に作ってみてもいいかも。今年のハロウィンは、お手軽ランタンを作って盛り上がってみては?

(ミノシマタカコ+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP