ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「この世に入門編なんてない」 タモリが千原ジュニアに教えた学びの極意 

DATE:
  • ガジェット通信を≫

たとえば何かを始めるとき、それに使う道具はどんなものを揃えるでしょうか。
おそらくほとんどの人がまずは手頃の価格のものを使い、だんだん慣れていき、熟練していくに従って、高価な道具を揃えようと考えるのではないでしょうか。
確かにそのほうが、自分に合わなかったときのリスクは最小限にすみます。いきなり高価なものに手を出すのは怖いものです。

ある日、タモリと一緒に食事に行った千原ジュニア。そこでタモリはジュニアにウィスキーを薦めたそうです。
タモリといえば無類のウィスキー好き。大学時代、先輩に半年間毎日連れられ飲んでいた時は、その味は分からなかったそうですが、ある日、下宿に帰る途中にバーの看板を見た瞬間、無性に飲みたくなって飲んだたきに開眼したそうです。今でもその瞬間を覚えている、というほど衝撃だったそうです。日本ではほとんど手にはいらないようなウィスキーを揃えたコレクションが今のタモリの自慢の一つ。「その辺のバーには絶対にない」と胸を張ります。

そんなタモリに薦められた高級なウィスキーを前に「タモリさんが飲んではるような本物のウイスキー飲んだこと無いんで、いきなりそんなの飲んで大丈夫ですかね?」とジュニアが躊躇しているときにタモリが言ったのが「この世に入門編なんてないんだよ」という一言です。

「無理してでも上の方を経験しといたほうがよい」とタモリは言うのです。
「上を知れば下も楽しめるようになり、結局は安くなる」と。

文/てれびのスキマPermalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP