ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhoneの音質を高めるケース「Amp」、難聴者の聞き取りにも貢献

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Amp同じ音楽を聴くにしても、iPhoneと重厚なスピーカーとでは、その音質は異なる。当然のことながら、重厚なスピーカーの方が、幅広い音に対応し、奥行きのあるサウンドを楽しむことができる。

このほど登場したiPhoneケース「Amp」は、iPhoneを重厚なスピーカーに近づけようとするものだ。ケースの両サイドにスピーカーがついていて、普通のケースと同様に端末にはめて使うだけで、より立体的な音にしてくれる。

■ノイズもカット

こう書くと、ただの外付けタイプのスピーカーのようだが、もちろんそれだけではない。

Ampを開発したスタートアップは、以前紹介したこともあるアプリ「SoundFocus」を開発していて、このアプリとケースを組み合わせて使うことで難聴の人が音を拾いやすくなる。

難聴とまではいかなくても、ユーザーの聴力の特性に合わせて音を調整し、また周りのノイズもカットするので、音楽だけでなく、会議などのシーンでも使えそうだ。

つまり、難聴の人、音楽好きの人、賑やかなところで通話をすることが多い人など、幅広いユーザーにアピールできるものとなっている。もちろん、ヘッドフォンの使用にも対応する。

■バッテリーも内蔵

一方、バックアップ用の電池も内蔵していて、端末の作動時間が25%伸びるほか、端末保護になるのも便利だろう。

小売価格は129ドルを予定しているが、現在サイトで受け付けているプレオーダーでは半額の69ドルで入手できる。プレオーダー受け付けはあと7日となっているので、興味のある人はお早めに。

Amp

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。