ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

かなでももこ、ミニアルバム「KANADE」を語る公式インタビュー公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月15日に発売となった、かなでももこ1stミニアルバム「KANADE」の収録全7曲について本人が語ったオフィシャル・インタビューが公開された。

今回の作品は、宮下浩司氏、俊龍氏、米倉千尋氏、霜月はるか氏、摩天楼オペラ、サイキックラバーのYOFFY氏が楽曲プロデュースを担当。それぞれにイメージカラーを設定しており、「魂WAVE」 produced byアリスプロジェクト&宮下浩司は“赤”、「Ocean of Lights」 produced by 俊龍は“オレンジ”、「未来への前奏曲(プレリュード)」 produced by 米倉千尋は“黄”、「Can you save my heart?」 produced by 俊龍は“緑”、「fragment」 produced by 霜月はるかは“青”、「嘘のない私で」 produced by 摩天楼オペラは“紫”、「Dream on Dreamer」 produced by YOFFY(サイキックラバー)は“白”と、7パターンのビジュアルが用意されている。

「KANADE」オフィシャル・インタビュー

「魂WAVE」(赤)
作野:武村大 作曲/編曲:宮下浩司
「魂WAVE」は、「赤」をイメージして制作。攻め攻めで歌ってゆくラップの部分も気持ち高ぶらせてくれるんですけど、その後も、間髪入れずに楽曲がアガり続けていく。歌詞にも♪立ち止まったりはしない♪とあるように、歌ってるときの気持ちも、立ち止まるどころか頂点へ向かってどんどん熱が上がり続けていくんですね。聴きどころは、ラップの部分から落ちサビへ向かってビューンと燃え盛る、その最高潮まで上がってゆく感覚。そこが、すっごく気持ちを高ぶらせてくれます!!

「Ocean of Lights」(オレンジ)
作詞/作曲:俊龍 編曲:Sizuk
「Ocean of Lights」に投影したのは、「オレンジ」色。歌いながらとくに心揺さぶられたのが、♪悲しげな朝も 色のない夜も 君と出会うため 僕は生きてきたんだ♪という部分。応援してくれる人たちと気持ち共有してゆく時間や日々を過ごせば、その支えがあるからこそ私は頑張って前へ進んでいける。その想いを、改めて俊龍さんに贈っていただけました。

「未来への前奏曲(プレリュード)」(黄)
作詞/作曲:米倉千尋 編曲:高山和芽
「未来への前奏曲(プレリュード)」は、「黄」色をイメージして制作。これは、「自分らしさを失うことなく、未来へ向かってみんなと一緒に歩んでいこう」という歌。中で、「♪ひたむきに精一杯 瞬間(いま)を重ね行こう♪と2回歌っているんですけど、その言葉が「今、経験している積み重ねがあるからこそ未来へ繋がっていける。積み重ねてゆくことが大事であり、それはけっして無駄にはならない。だから頑張ろう」と、私に勇気をくれました。その気持ちを、「未来への前奏曲(プレリュード)」を歌うたびに思い返します。

「Can you save my heart?~for KANADE~」(緑)
作詞/作曲:俊龍 編曲:Sizuk
「緑」色をイメージカラーに投影したのが、「Can you save my heart?~for KANADE~」。この楽曲は、デビューシングル「赤いメモリーズをあなたに」のC/Wにも収録していた、デビュー前からライブでズッと歌い続けてきた曲。でも、本作へ収録することで新たに歌い直し、ミックスも変えました。最初は、TVアニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」第6話の戦闘シーンの中で流れる楽曲ということから、歌詞も「革命機ヴァルヴレイヴ」の世界観を自分なりに解釈したうえで、物語に寄り添った想いとして一つ一つの言葉を受け止めて歌いました。沢山のステージを経験し、いろんな人たちの応援に支えられていく中、歌詞に出てくる”君”と”僕”の存在が、いつしか応援してくださる方々との関係に変わってきています。

「fragment」(青)
作詞/作曲:霜月はるか 編曲:柳英一朗
「青」をイメージカラーに制作した「fragment」は、すごく情景の浮かぶ楽曲です。夢の中に現れたのが、まだ小さかった頃の私。その小さい自分が森の中を彷徨ってゆく。その小さかった頃の私を、森の精霊となった今の私自身が心配しながらも、彼女の意志を持った歩みを信じて、その子が抱いた夢や想いも見届けていく。けど、目が覚めたら「あれっ、今の感覚は何だったんだろう??」みたいな…。そんな、幻想的でファンタジックな世界が広がっています。

「嘘のない私で」(紫)
作詞/作曲:苑 編曲/摩天楼オペラ
「紫」をイメージした「嘘のない私で」の楽曲プロデュースを手がけたのが、ビジュアル系ロックバンドの摩天楼オペラさん。シンフォニックハードな世界観広がる楽曲になりました。サビで三拍子に変わるところが、摩天楼オペラさんっぽくて、私が好きなところです。中に♪Aurora♪と歌う、まるでクワイアーのようなコーラスが入ってるんですけど、そこは特に、ぜひヘッドホンで聴いて、細かい歌声の部分まで味わっていただきたいです。バンド演奏を背景に歌う迫力も含め、本当に臨場感たっぷりに歌ってます。

「Dream on Dreamer」(白)
作詞/作曲:YOFFY 編曲:大石憲一郎
「Dream on Dreamer」は、「白」をイメージして制作。夢を追いかけ続けてゆくドリーマーな気持ちが、この歌にはたくさん詰め込まれています。サイキックラバーのYOFFYさんが届けてくれた言葉をしっかり受け止めたうえで、私も「Dream on Dreamer」に込めた想いを胸に、ズッと歌を奏で続けていきたいという気持ちで歌いました。まさに「Dream on Dreamer」は、キラキラ輝き放つ、夢を追いかける人へ向けた応援歌になりました。

完成したミニアルバムの「KANADE」に対し、本人は以下のように述べてくれた。
「今回は、『七つの色』をテーマに楽曲制作をし、その色に合わせたビジュアルも打ち出しています。そこも大きな特徴になりました。収録したのは、1曲1曲じっくりと語れるくらい、どれも強い思い入れを持った曲たちばかり。1枚通して聴くことで、かなでももこの持つ、いろんな表現の可能性も実感していただけるんじゃないか?!と思います。どの歌も、聴いた人の心に寄り添えたらなぁと思っています」

このミニアルバム「KANADE」を手に、これからもかなでももこは精力的にイベント活動を行っていく。今後も、「かなでチャレンジ」と題された挑戦してゆくべき課題が彼女にいろいろ突きつけられることだろう。でも、その負けん気と天性の明るさがあれば、その試練の数々もかならず乗り越えられるはず。まずは、「かなでももこが奏でた、七色の世界」に触れ、彼女が持つ無限の可能性を感じていただけたら幸いだ。

TEXT:長澤智典

リリース情報

ミニアルバム「KANADE」
2014年10月15日発売
KICS-3119 2,800円+税

関連リンク

かなでももこ オフィシャルサイトhttp://paselabo.tv/artist/kanade/
かなでももこ スターチャイルドサイトhttp://www.starchild.co.jp/artist/kanademomoko/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP