ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハロウィン仮装 今年の狙い目は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ハロウィンコスプレといえば、楽しげに着飾った写真をSNSなどでよく見ますよね。今や“リア充”のたしなみといってもいいのでは…。今年はどんな仮装をするか、もう決めましたか?

【画像や図表を見る】

どうせやるなら定番モノではなくオリジナリティを出したいけど、男性のコスチュームは女性に比べてまだまだ種類が少なくてネタ探しに一苦労…という人も多いはず。

そこでコスプレ衣装通販「ハッピーコスチューム」の柴田雅史さんに、今年のコスプレの流行予想や“脱マンネリ”の方法を聞いてみました。

「ドラキュラやデビルマンなど、マントものは飽きられそうな予感。そうした定番仮装で差を付けるなら、メイクがオススメです。ここ数年で、仮装の流行は単なるかわいさ、かっこよさよりも“リアリティのある怖さ”を求める傾向に変わってきました。フェイスペイント用の絵の具で傷を描いたり、洗って落とせる血のりなどを活用したりすれば、まわりと差を付けることができるはず。

さらに本格仮装を目指すなら、縫合ややけど痕などのグロメイクに挑戦してみては? 最近では数百円から、メイク用接着剤やシールなどが売られているので、特殊メイクも簡単にできるようになりました」

ハロウィン当日は、街にかわいい仮装女子があふれますが、“モテ”を狙いたい男性にオススメの仮装はありますか?

「“ペアもの”を狙ってみては。ナースと医者、ミッキーとミニーなどわかりやすい組み合わせがあるものは会話のきっかけになりやすいはず。また、今年に限っていえば、女性人気が爆発しそうな『アナと雪の女王』の仮装に合わせて、オラフ(アナと冒険をともにする雪だるま)の仮装をしてみるのはどうでしょう。笑いも人気も同時にゲットできそうで、モテたい男子には狙い目だと思いますよ」

今年のハロウィンは、“ありのままの…”ではなく、いつもと違う自分の姿を楽しんでみては?

(中村朝紗子)
(R25編集部)

ハロウィン仮装 今年の狙い目は?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

ハロウィン人気コスプレBEST5
オーダーメイドの「付け牙」体験記
10月26日、六本木に妖怪現る!
テレ東大江アナの仮装姿に絶賛の声
しょこたんのゾンビメイクが怖すぎ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。