体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

蒸気機関車は開放的な“箱乗り”スタイルで! オーストラリア“パッフィンビリー鉄道”に乗ってきた

p13

鉄道といえば電車が主流の現代ですが、石炭を燃料に、煙をもくもくと吐き出しながら走る蒸気機関車はまだ存在しています。保存状態の良さは世界一流、オーストラリアで今も走り続けている蒸気機関車“パッフィンビリー鉄道”。1900年12月に創業以来、クリスマスを除く毎日運行されている歴史ある蒸気機関鉄道です。

※すべての画像入りの記事は下記URLからご覧ください
http://getnews.jp/archives/683277

蒸気機関車

オーストラリア、メルボルンの東40キロに位置する“ベルグレーヴ駅”を始発駅とし、ダンデノン丘陵の森やシダ渓谷の間をぬい、エメラルド湖公園やのどかな農園風景の中を走りぬけ、終着駅の“ジェムブルック駅”まで25キロの道のりを結びます。600人以上のボランティアの人たちによって休むことなく運行できているというところからも、“パッフィンビリー鉄道”がいかに地元の人から愛されているかが伝わってきますね。

p1 p2 p3 p4

歴史を感じるレトロな始発駅“ベルグレーブ駅”では、お土産も充実。駅員をモチーフにした意外と可愛いぬいぐるみや、“パッフィンビリー鉄道”の写真をコラージュしたトレーは日常使いできるお土産。

p5 p11

蒸気機関車の先頭車両を見に行ってみると、「シューッシューッ」と勢い良く煙を吐き出しすごい迫力! これからこれに乗ることができるのかと思うとワクワク!

p7

ホームに連なった客車の車窓にズラリとみんなの足。窓枠に腰掛け、車窓から足を投げ出して乗っています。これはアトラクション的に蒸気機関車を楽しめる“箱乗り”。子供だけでなく、大人だって“箱乗り”で楽しんでOKです。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。