ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「OLのFacebookがつまらない!」から生まれた? コップのフチ子の誕生秘話

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 シリーズ累計650万個を超えるヒット商品となった「コップのフチ子」。同商品は、OL風の女性「フチ子」を、その名の通りにコップのフチに腰掛けさせたり、ぶら下げたりして遊ぶカプセルトイです。

 フチ子はこれまで、歌手・安室奈美恵さんやモーニング娘。など、これまで様々な有名人とのコラボを展開してきました。最近では、俳優・坂上忍さんともコラボ。潔癖症で知られる坂上さんに合わせて全身真っ白な”潔癖な”フチ子が誕生しました。

 同商品がヒットした要因のひとつは、「つい写真が撮りたくなる」こと。フチ子をコップやグラスに引っ掛け写真を撮る。そして、その写真をFacebookやTwitterに投稿して楽しむ。そこから、SNS上で拡散していき、結果としてヒット商品となっているというのです。

 発売元の玩具メーカー「奇譚クラブ」を主宰する古屋大貴さんは、自著『コップのフチ子のつくり方』のなかで、フチ子誕生の裏側を紹介しています。

 フチ子は、奇譚クラブとデザインを担当した漫画家・タナカカツキさんの共同開発のキャラクター。実はデザイン担当のタナカカツキさんは企画段階でSNSのこと意識しており、特に「OLのFacebookがつまらない!」という不満を抱いていたのだとか。

 友達や彼氏と行った店での食事の写真をアップ。雰囲気のいいカフェでの写真をシェア、さらに家で作った自信作の手料理を大公開……しかし、そんなOLのFacebook上での振る舞いについて「ありきたりな食事の写真なんて誰がみたいねん!」という気持ちになっていたのだそうです。

 テレビ番組『アメトーーク!』の「カメラかじっている芸人」(2013年2月14日放送)でも、芸人の小藪千豊さんが空・犬・猫・カプチーノを撮る女性の心理に疑問を投げかけています。そもそも、男女でSNSの楽しみ方が違うのかもしれません。

 そんなカツキさんは、このつまらない写真問題をどうにかしたいと切に願い、Facebookを面白い写真溢れる楽しいものにしたいというモチベーションが、巡り巡ってフチ子のアイデアとなったというのです。その結果、つい写真を撮って投稿したくなるアイテムとして、コップのフチ子は人気商品となりました。

 古屋さんも同書の中で「自分が撮った写真ならともかく、他人がアップしている写真を『もっと面白くしよう』なんて、普通は考えませんよね」と、カツキさんの”意識の高さ”に驚いた様子。

「面白い」を追求してヒットしたフチ子。次は、どんな著名人とコラボするのか、今後の展開が気になるカプセルトイです。

■関連記事

超合金ロボで再注目、岡本太郎「太陽の塔」を守ったのは子供たちの投書
自分に投資しなければ「よいもの」は生まれない
平均的日本人は風呂上りに1時間48分テレビを見る?

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP