ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ここでしか味わえない最高にウマいエビフライサンドを食べにいこう。愛知県名古屋市の「コンパル大須本店」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


名古屋では、むかしから老若男女とわず喫茶店が利用され、名古屋独特の喫茶文化が形成されてきました。

一説には名古屋は昔から茶道が盛んで、お茶好きな土地柄であったため、その延長で喫茶好きの人が多いため、独特の喫茶文化が形成されてきた、とも言われています。

また名古屋の喫茶店には、ゆとりのあるソファと広いテーブル、そして喫茶店それぞれに独自の特徴があるお店が多く、喫茶店ならではのおもてなしが非常に充実しています。

今回ご紹介するのは、名古屋の喫茶文化を牽引してきたとも言われているお店「コンパル」。

戦後すぐの昭和22年創業に創業され、昭和35年には、長年レストランで腕を振るったシェフをスカウトし、本格的なサンドイッチメニューを展開。今でも名古屋の喫茶店といえばコンパルと言われるほど有名なお店。

そのコンパルの本店は、あの徳川家康公が幼少期を過ごしたという萬松寺(ばんしょうじ)のお膝元ににぎわう商店街から1本路地を入ったところに、ひっそりとたたずんでいる。

お店に入ると威勢のいい声で呼びかけられ、多くの常連さんたちがくつろいでいる店内の空いている席へと案内される。

メニューを見てみると、やはり名物のエビフライサンドとアイスコーヒーが輝きを放っている。みそかつサンドや名古屋コーチンのたまごのみをつかったコーチン玉子サンドも捨て難い。もちろん名古屋名物の小倉トーストもメニューには存在している。

こちらに来たらまずはお店自慢のアイスコーヒーを注文したい。こちらのアイスコーヒー、最後の仕上げは自分で行うスタイルとなっている。

すこし濃い目に淹れられた熱々のコーヒーに砂糖を加えを自分好みの味わいに調節した後、一気に氷で満たされたグラスに注いでつくるのだ。

グラスに注がれたコーヒーは一瞬のうちに冷やされるものの、冷やされるタイミングで独特のかぐわしい香りをグラスから立ち上らせる。そしてその香しい香りを、グラスを傾けるたびに感じる事ができる。

熱々のコーヒーを直前にアイスコーヒーにすることにより、他の喫茶店では真似のできない、コーヒーの香りを非常に楽しむ事ができるアイスコーヒーとなっている。

アイスコーヒーに加えて注文したいのが、もう1つのこのお店の名物、エビフライサンドだ。こんがりと焼かれたパンに、おおぶりのエビフライが3本と薄く焼き上げられたタマゴ、そしてコールスローサラダがサンドされている。

ひとくち食べると、熱々でサクサク、ぷりっぷりのエビの食感とウマミが口の中いっぱいに広がっていく。そしてほんのりとした甘みを演出しているタマゴの重要性に気がつく。

とどめはコールスローサラダ。このコールスローが絶妙の酸味を醸しており、このエビフライサンドの後味をさっぱりとさせる。タルタルソースではなく、コールスローであることにより、よりさっぱりとした後味になる。

まさに本当に何個でも食べられる、そう思ってしまうほどの味の起承転結がすばらしいエビフライサンドに仕上がっているのだ。

厨房に目を向けると、薄焼きのタマゴを焼く担当、エビフライを揚げる担当、サンドイッチを作る担当、など様々な担当が分かれている事に気がつく。

1つ1つ完璧な仕事が加えられたものを、さらに組み合わせてサンドイッチにするという、このお店はいわば、究極のサンドイッチを出すお店なのだ。

戦後から現在まで名古屋喫茶界のトップランナーとして、名古屋喫茶文化そのものを牽引してきたコンパル。このお店のサンドイッチとアイスコーヒーを食べれば、自ずとそのトップランナーたるゆえんが分かる事だろう。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/

お店 コンパル 大須本店
住所 愛知県名古屋市中区大須3-20-19
営業時間 8:00~21:00
定休日 無休

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP