体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

aiko、地元・大阪にて行なわれたツアーファイナルにて大熱狂!

エンタメ

今年6月から全国ホールツアー「Love Like Pop vol.17」を開催してきたaiko。約4ヶ月間、30公演におよぶこのツアーが、昨日10月14日(火)に行わなれた大阪フェスティバルホール公演にて千秋楽を迎えた。

8月27日(水)@NHKホール (okmusic UP's)

自身11枚目のオリジナルアルバム『泡のような愛だった』がリリースされてから約1ヶ月後にスタートした今回のツアー。その最終日となった10月14日の公演は、aikoの地元大阪での開催ということもあり、ライブ前の会場内は開演を待つ観客の熱気に包まれた。

場内が暗転しステージの幕に映像が映し出された後、ニューアルバムのオープニング曲「明日の歌」のイントロの印象的なピアノの音色が会場内にやさしく響き渡る。幕が落ちてaikoがステージに姿を現すと、観客は大歓声と盛大な拍手で彼女を迎えた。aikoは続いてアッパーな楽曲「二人」で観客のボルテー ジを一気に上昇させると、「Love Like Pop vol.17! みなさんこんばんは、aikoです! みんな元気か! ほんまに元気か! そして今日は最終日です! 最後までたっぷりたっぷり、よろしくお願いし まーす!」と元気いっぱいに挨拶。ここから「beat」「愛の病」で会場の熱をさらに高めていった後は、「瞳」をしっとりと歌い上げて観客をaikoの歌の世界に引き込み魅了していった。そしてaikoは「ただいまー! ただいま帰りました!」「最終日を大阪で迎えることができて、本当にうれしいです!」と地元に帰って来た喜びをファンに伝えた。

その後「サイダー」「卒業式」とニューアルバムの楽曲を立て続けに披露したaiko。続くMCで彼女は11月12日にリリースされる新曲「あたしの向こう」が主題歌となっている関西テレビ・フジテレビ系ドラマ「素敵な選TAXI」 について「『素敵な選TAXI』も本日第1回目が放送されます!」と報告すると観客からも新曲についての期待感がこもった歓声が沸き起こる。続いてライブは、aikoのホールツアーでは恒例となっている即興弾き語りのコーナーへ。このコーナーは観客からその場で集めた6個のキーワード を歌詞に入れ込み、aikoが即興で作詞作曲してピアノ弾き語りを行なうというもの。彼女は「台風」「キックベース」「ズル休み」など多岐に渡る6個のキーワードをまとめあげ、「俺のデリケートゾーン」という観客の笑いを誘う見事な楽曲に仕上げると客席から盛大な拍手が贈られた。

ライブ後半戦に入ると「染まる夢」「舌打ち」「遊園地」といったロックテイスト満載の楽曲に突入。ステージ後方のビジョンには歌詞をモチーフにした映像とともに激しく歌うaikoが映し出され、圧倒的な迫力で会場の熱は一気に最高潮に。aikoはそのままの勢いで「男子! 女子! そうでない人!」とコール&レスポンスをたっぷりと行なって観客との距離を縮めた後、勢いのある楽曲「相合傘」でさらに畳み掛けるように観客を煽る。続く「ジェット」ではステージの両端に移動し観客の手をしっかりと握り、1人ひとりの目を見つめながら熱唱した。「これからもいろんな曲を届けていけるように一生懸命頑張ります!」「みんなのそばでずっとずっと歌えますように」と観客に語りかけたaikoは、「1人ひとりの隣で歌いたい」 というファンへの想いを込めた楽曲「君の隣」を心を込めて歌い、観客を熱狂と多幸感に包みこんだままライブ本編を締めくくった。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会