ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

塩レモンの次は「コーヒーソルト」? 日本初上陸の「ジェイコブセンソルト」に注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年は「塩レモン」が流行しましたが、ちまたで売られている塩の種類の多さには驚くばかり。岩塩や海塩の違いはもちろんのこと、産地や製法による違い、形状の違いなど、世界にはざっと2000種類の塩があるとも言われています。

そんな塩の世界にニューフェイスが登場。今秋日本に初上陸したのが、「ジェイコブセンソルト」。アメリカ・ポートランド出身のベン・ジェイコブセン氏が手がける、ハンドメイドの塩です。海水を釜で熱して、45時間以上かけて結晶化する、伝統的な「平窯製法」でつくられ、パッケージングに至るまですべて手作業だそう。

海塩特有のフレーク状の食感と、食材のよさを生かす雑味のなさが持ち味の「ピュアフレークシーソルト」が基本形。ロゴやビンのデザインが洗練されていて、キッチンに並べたくなるようなパッケージもポイントですが、ピルケースのような容器に入った“携帯型”を用意するなど、遊び心もあり!

けれど、楽しさはそこにとどまりません。基本の塩をベースにさまざまなおいしい食材とコラボしている「フレーバーソルト」がさらに気分を上げてくれます。少し例をあげると、ポートランド生まれのコーヒーの名店「スタンプタウンコーヒー」と手を組んでつくられた「スタンプタウンコーヒーフレークソルト」。塩とコーヒーなんて、不思議な取り合わせに思えますが、アイスクリームにかけるほか、ローストしたかぼちゃにブラウンシュガーとコーヒーソルトをかけても美味だそう。

また、ピンク色が印象的な「ピノノワールフレークソルト」も。オレゴン産の赤ワイン・ピノノワールを使ったもので、パスタ、ステーキ、バーガーなど、赤ワインに合うものなら相性抜群。味と香りで料理の出来をワンランクアップしてくれそうです!

ジェイコブセン氏はもともとIT系の仕事をしていましたが、世界を旅していろいろな塩に出会ったのち、「アメリカ産の最高の塩をつくりたい」と思い立ち、2011年に同社を立ち上げました。現在、フレーバーソルトは8種類ありますが、彼の発想の豊かさでもっと種類が増えていくかも。気になる人はぜひお試しあれ♪

■リココチ
http://www.recocochi.com/

カテゴリー : グルメ 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP