ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1粒で感じる本物感。ちょっぴり大人になれるボンボンショコラ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


いよいよチョコレートの季節。チョコレートをいただくにはちょうどいい気温になり、おいしいチョコレートを食べたい欲求が出てきませんか?
そんな季節の変わり目には上質なチョコレートをじっくり味わいたいということで、人気・実力ともに安定感のある『ジャン=ポール・エヴァン』の新作をチェックしてみましょう。

期待を裏切らない安心感


言わずと知れた、世界を代表するショコラティエ、ジャン=ポール・エヴァン。
こだわり抜いた素材を、絶妙なバランスとコントラストによって生み出すショコラは、もはや芸術品といえる世界。チョコレートと言えばこのブランドと言う人も少なくないですね。

新しく登場した「グラン クール」は、産地別のカカオを使用した3種類のボンボンショコラ。
カカオ本来の風味を生かしたシンプルなビターガナッシュで、味わいのデギュスタシオン(食べ比べ)を楽しめる内容です。

カカオってこんなに味が違うの?


さまざまな香りを持つチョコレートは、その日の気分まで変えてしまう力があります。今回の新作は、ペルー、ベネズエラ、ドミニカより厳選されたカカオを使用したボンボンショコラ。
カカオの産地によって、それぞれフルーツの香りやナッツの香り、あるいはスパイシーな香りを感じたり。
たとえば「ペルー」をいただくと、フルーティでフローラルな香りが口いっぱいに広がり、まるで南国にいるような明るい気持ちに。チョコレートの原料カカオはフルーツなんだって実感するかもしれません。
食べ比べてみるといままで意識しなかった味の特徴など感じて、ちょっと大人になった気分になれるかも。
また、お店に行ってショーケースに並ぶ数々のショコラからお気に入りの1粒を見つけるのも楽しいですよ。


(グリッティ)記事関連リンク
ひとときのオアシス♪ ひとくちで森のなかにトリップできるチョコ
【働く女子のストーリー】自信もふくらむ「パンケーキ」
日常を忘れられる、ジュエリーのようなチョコレート

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP