ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アニメ『ルパン三世』新シリーズ30年ぶり製作-イタリアで先行放送

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アニメ『ルパン三世』の新テレビシリーズ製作が、フランス・カンヌで開催中のMIPCOMで、日本時間10月15日発表された。テレビシリーズとしての製作は、1985年の『ルパン三世 PARTIII』以来30年ぶり。

 新シリーズでは、イタリアのサンマリノ共和国が舞台。放送は2015年春からで、イタリアRTI局が全世界に先駆け放送を予定している。なお、日本での放送については今回発表されていない。

 今回の発表に関し原作者のモンキー・パンチさんは「新しいアニメーションシリーズのスタートにわくわくしています。ルパン三世の活躍に期待しています」とコメントしている。

【関連:宝塚雪組に新トップ誕生―大劇場お披露目の『ルパン三世』特設サイト公開】

▼スタッフ
原作:モンキー・パンチ
総監督:友永和秀(『ルパンVS複製人間』原画、『カリオストロの城』原画、カーチェイス全般など)
監督:矢野雄一郎(『もやしもん』監督)
脚本:高橋悠也(『TIGER&BUNNY』脚本など)
プロデューサー:浄園祐(テレコム・アニメーションフィルム代表取締役社長)
アニメーション制作:テレコム・アニメーションフィルム
製作・著作:トムス・エンタテインメント
Web:http://lupin-new-season.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP