体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

OKAMOTO’Sのアドレス帳 Vol.6 大貫亜美(PUFFY)×オカモトコウキ(後編)

amikouki

 

OKAMOTO’Sのメンバーが友人はもちろん、憧れのアーティストなどをゲストに迎える対談企画第6弾は、オカモトコウキがサポートギターとしてライヴに参加した経験もあるPUFFYの大貫亜美が登場。コウキの身体に流れるPUFFYの音楽について、大貫の音楽遍歴、そして互いの共通点について、楽しくゆるやかな対談と相成りました。

 

(中編より続き)

——コウキ君もツアーが始まってますよね。

コウキ「始まりました」

亜美「どう?」

コウキ「すごくいい感じです。初日も今までで一番良かったくらいですし、昔の楽曲を演奏すると、『渋!』って思います(笑)。今まではアルバムをリリースしてその収録曲を中心にセットリストを組むことが多かったんですけど、今回はアルバムツアーではなく5周年のツアーなんで、ベストというか、今までの集大成的なコンセプトでやってます」

亜美「この曲やろうよというのは誰が決めるの?」

コウキ「今回は皆で話し合いましたね」

―いつもは?

コウキ「いつもはショウがわりと中心になって決めるんですけど、最終的には皆で決めてるかな。意見が割れたりもするけど、最後は全員が納得できるようなちゃんと民主的な感じで決めてます。曲順も、最初に組んで、実際にやってみてやっぱり違うなって共通して思うから、そこで入れ替えしていく感じですね」

―スタートは北海道でしたよね?

コウキ「はい、実はツアーの初日が北海道というのも初めてで。いつもは千葉からスタートすることが多いんですけど、今回は全8公演の短いツアーなんです。最後は野音ですね」

亜美「雨が降りませんように…」

―うわあー。嫌なこと言った!

コウキ「怖い!!(笑)」

亜美「私たち、野音が2回とも雨だったんだよね。土砂降りとパラパラで、来たゲストが皆風邪ひいたという。降らないといいね(笑)」

コウキ「それは絶対避けたいですね」

―ちなみにPUFFYはセットリストを誰が組むんですか?

亜美「えっと、一応由美ちゃんと私とスタッフで色々話すんですけど、私はほとんど置物みたいになってる(笑)」

コウキ「この楽曲だけはやりたいという要望なんかもないんですか?」

亜美「これやりたいはないんだけど、それは嫌っていうのはある(笑)」

コウキ「そっちだ(笑)」

亜美「あとはもう由美ちゃんが上手いことやってくれるんで。すごい頼りになるからね。でも今回はずっとやってくれてる舞台監督がいて、彼なりのこだわりもあるから是非聞かせてって言って、決めてもらう部分もある。曲が多すぎてさ、ベテランだから」

コウキ「多いですよね。俺らもだんだん増えてきてその感じがわかってきました」

亜美「チョイスに悩むよね」

コウキ「そう。結局全然入れられねえじゃんって」

―今のPUFFYのモードを表すセットリストになるんですね。

亜美「うん、多分。うちもリリースがあってのツアーじゃないから。3年ぶりの、ずっと待ってくれてた人たちに向けてもそうだし、初めて来てくれる人たちにも楽しんでもらえるような織り交ぜた感じです。お互いツアー頑張ろう。OKAMOTO’Sの野音、行くね」

コウキ「俺もEXシアター行きますね。俺もまたPUFFYで弾きたいし、もっと大きな野望を言うと、曲を書きたいんですよ」

亜美「えっ、いいじゃん! うちは随時受け付けてるよ、いつでもちょうだい! 本当にボツ曲募集の告知しようと思ってたもん」

コウキ「ええっ!?」

―ボツ曲募集って(笑)。PUFFYの曲はボツ曲じゃないですよね。皆が愛してる曲をくれてるから最終的に提供した本人が歌いだすじゃないですか。

亜美「そうそう。後になってセルフカヴァーしないって契約書に書いてもらわきゃ!」

コウキ「(笑)。でもちゃんと自分でも歌いたい良い曲ってことですからね」

亜美「この間椎名林檎さんもセルフカヴァーしてて、そりゃ本家のほうがいいに決まってるじゃん!(笑)」

コウキ「2つのヴァージョンでいいじゃないですか!」

亜美「吉井(和哉)さんとも『セルフカヴァーすることになったから、余計カッコよくしといた』とか言ってきて!」

コウキ「それ、すごいなあ(笑)。俺も募集の時期になったら頑張って送ろう!」

亜美「そうだよ。それで、ここのBだけ変えてくれない? とか」

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。