ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ASUS Japan、MeMO Pad 7新モデル「ME572C / CL」を国内で10月18日に発売、LTEモデルはSIMロックフリーでFOMAプラスエリア対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ASUS Japanは10月14日、同社がIFA 2014イベントで発表したMeMO Pad 7の次世代モデル「MeMO Pad 7(ME572C/CL)」を国内で発売すると発表しました。国内ではWi-FiモデルとLTEモデルの2モデルが10月18日に発売される予定です。価格は、Wi-FiモデルのME572Cが29,700円、LTEモデルのME572CLが36,990 円です。LTEモデルはSIMロックフリーの状態で販売されます。新型 MeMO Pad 7 は、7インチ 1,920×1,200 ピクセルの IPS 液晶ディスプレイや Intel の 64bit 対応 Atom Z3560 1.83GHzクアッドコアプロセッサを搭載した小型ハイスペックモデル。筐体デザインを一新してスリム化と軽量化を図ったところが特徴です。OS は Android 4.4.2(KitKat)で、定番の ZenUI も搭載しています。筐体デザインは、既存の MeMO Pad 7 の中でも最薄となる厚さ 8.3mm を実現しており、質量も269g と軽です。カラバリは Burgundy Red、Champagne Gold、Gentle Blackの 3 色です。ディスプレイには IPS パネルを採用して 178 度の広視野角を実現。また、「ASUS TruVivid」と「ASUS Splendid」のディスプレイ技術を採用してシャープネスや輝度、色再現性を改善しています。メモリは 2GB RAM(LPDDR3)と 16GB ROM(Micro SD 対応)を搭載。カメラは背面に 500 万画素と前面に 200 万画素を搭載しています。ワイヤレス通信機能は Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、Miracast、DLNA などに対応。背面には SonicMaster 対応のステレオスピーカーを搭載しています。バッテリー容量は公開されていませんが、Wi-Fi 利用で約 11 時間、モバイル通信利用時に約 11 時間は持つとされています。筐体サイズは 200mm x 114.4mm × 8.3mm、質量は 269g(Wi-Fi モデル) / 279g(LTE モデル)。LTE モデルの対応周波数は GSM(850 / 900 / 1800 / 1900MHz)、WCDMA(800 B6 / 850 / 900 / 1700AWS / 1900 / 2100MHz)、LTE(800 B19 & B20 / 850 / 1700AWS / 1800 B3 / 1900 / 2100 / 2600MHz)に対応しています。FOMA プラスエリアやXi 3 バンドに対応しています。米国でも AT&T と T-Mobile の 3G / LTE が利用できそうです。Source : ASUS SHOP


(juggly.cn)記事関連リンク
Nexus 6とiPhone 6 Plusのサイズを比較した写真、AT&Tでは2年契約で$49.99
Sony、Android版「Socialife」をv4.1.12.2にアップデート、旬な話題の情報収集に役立つ「マイキーワード」機能が追加
NTTデータ、スマートグラスでジェスチャーによる文字入力を可能にするAR文字入力技術を開発

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP