ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

m-flo☆Taku Takahashi、フジ月9ドラマ「信長協奏曲」音楽を担当

DATE:
  • ガジェット通信を≫

m-floの☆Taku Takahashiがフジテレビの月9ドラマ「信長協奏曲」の音楽を担当することが分かった。単独でドラマ劇伴を担当するのは初となる。

ドラマ「信長協奏曲」は、フジテレビ開局55周年記念プロジェクト企画として、10月13日放送開始となった”月9初の時代劇”。主演に織田信長役の小栗旬、柴咲コウ、向井理、山田孝之、藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)など豪華キャストが多数出演しており、初回放送は15.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好調なスタートを切った。

「LIAR GAME」でも中田ヤスタカを起用するなど、劇中音楽にも強い拘りのあるドラマサイドの熱い希望により、今回☆Taku Takahashiが劇伴を担当することが実現。☆Takuにとって単独でのドラマ劇伴を全曲手掛けるのは初となり、現在までに既20曲以上を作り上げているという。

ドラマの特色である、「和」を表現する尺八や、三味線、鼓等の和楽器を取り入れつつ、ロック、エレクトロ、ドラムンベース、ブロステップ等をミクスチャーしたオリジナリティ溢れる楽曲が多数、劇中で使用されておりドラマを見たファンからは「冒頭から音楽かっこよすぎる」「見る楽しみが増えました」などのコメントがSNSで寄せられた。

☆Taku Takahashi コメント
サントラを作るときは、常に監督がそのシーンを自信持って表現できるようにする音の手伝いだと思っています。今回のサントラプロデュースもそこにこだわりました。
戦国時代の話なので、「和」のテイストをいれようとなったんですが、そこがトゥーマッチにならないようにする塩梅が難しかったところです。
音をはめる工程で第1話を見たのですが、とても面白くとてもクオリティが高い作品です。是非多くの人に見ていただきたいなと思います。

松山博昭ディレクター(演出)コメント
月9初の時代劇。目指した劇伴は伝統的な日本音楽と現代音楽の融合。
☆Takuさんの音楽は完璧で、美しく、映像に生命を吹き込んでくれました。

「信長協奏曲」オフィシャルサイト
http://www.fujitv.co.jp/nobunaga-concerto-drama/

関連リンク

■m-flo オフィシャルサイトhttp://m-flo.com/
m-flo Facebookhttps://www.facebook.com/astromantic
m-flo Twitterhttps://twitter.com/mflo_official
■m-flo youtubehttp://www.youtube.com/user/mflo10yrs
■「FUTURE IS WOW」特設サイトhttp://m-flo.com/futureiswow/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP