ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Do As Infinity、思い出の渋谷公会堂で15周年アニバーサリーライヴを開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Do As Infinityの15周年アニバーサリーライヴが10月13日(月)に東京・渋谷公会堂で行なわれた。

渋谷公会堂はデビュー前に渋谷駅で路上ライヴを始めた彼らが、100回目記念の場所に選んだ思い出の会場であり、メンバーの思いも特別なものがある。また、今回は当日のライヴ音源をそのままお持ち帰りできるUSBメモリーの販売を実施することも注目されていた。

ライヴは「冒険者たち」からスタート。“ファンとともに作るセットリスト企画”が実施されたこの日は定番曲からややマニアックなナンバーまで、数多いレパートリーから新旧織り交ぜたさまざまな楽曲が演奏された。アコースティックコーナーでは「菜ノ花畑」「遠雷」といった楽曲を凛とした佇まいでしっとりと歌い、「TIME MACHINE」「アリアドネの糸」といったアップチューンでは力強く会場全体を揺らす伴都美子(Vo)。あらためてヴォーカリストとしての芯の強さと希有な存在感を見せつけた。

大渡亮(Gt)は「Special」「nice&easy」ではザクザクとしたギターでリードし、「科学の夜」「夜鷹の夢」と続いたコーナーでは、張りつめた神経をそのまま音にしたような繊細でエモーショナルな轟音ギターを響かせた。「徒然なるままに」では、自らヴォーカルも取り、伴がコーラスに回るというファンにはおなじみのコーナーも、Do As Infinityの懐の深さを示す重要なポイントと言えよう。

アンコールではファンが一体となって、ハッピーバースデーの歌とともに彼らの15回目の誕生日を祝うサプライズ演出もあり、メンバーを驚かせる。さらに、伴からは大渡へデビューからの感謝を込めた手紙が贈られ、サプライズ続きに会場は泣き笑いの混じった最高の温かなムードに包まれた。この日はMCでも、ベーシストとして今年もゲスト参加したサウンドプロデューサーの亀田誠治とともにデビュー当時からのエピソードを回想しながら、随所にさまざまな感謝の言葉が綴られ、「16周年、17周年とこれからもよろしく!」という伴の言葉どおり、ファンとの絆を再確認したようなライヴとなった。

また、テレビ東京系アニメ『フェアリーテイル』のオープニング曲として使用される新曲「Mysterious Magic」がいち早く披露され、同曲が12月10日にシングルリリースされることを発表。伴が「Oh Oh!で一緒にかけ声よろしく!1番聴いたら2番分かるよね!」と話したように、すぐに一体になれる彼ららしいキャッチーなロックチューンだ。

年末には恒例のカウントダウンライヴが、東名阪のツアーと形を変えて実施される。ひさびさのシングルリリースに年末ツアーと、15周年のスタートもすでに全開なDo As Infinityのこれからに、あらためて注目したい。

シングル「Mysterious Magic」
2014年12月10日発売
【CD+DVD】
AVCD-83133/B/¥1,800+税
【CD】
AVCD-83133/¥1,000+税
【フェアリーテイル盤】
AVCD-83132/¥1,000+税

「Do As Infinity 15th Anniversary -End Of The Year’14-」
12月21日(日) 愛知 名古屋ボトムライン
12月23日(火) 大阪 大阪BIG CAT
12月27日(土) 東京 恵比寿ガーデンホール

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
Do As Infinity オフィシャルHP
READ ALOUD、亀田誠治をプロデューサーに迎えた3rdミニアルバム『アカンサス』の全貌を公開

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP