体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

恐怖!台湾で何故か「小室哲哉」と刻まれたビルが発見されネット上が震撼

恐怖!台湾で何故か「小室哲哉」と刻まれたビルが発見されネット上が震撼

とかく、海外では不可思議な日本語を用いた看板などを目にする機会も少なくないが、このほど、あるユーザーが台湾で見かけたというビルには、我々日本人にとってはにわかに信じがたい文字が刻まれていた。

このビル、なんとその正面玄関に掲げられた文字は、「小室哲哉」。無論、音楽プロデューサーの小室氏とは一切関係ないと思われるが、「オフィシャルか?」と思えるほどに堂々と刻み込まれたその様子に、多くのユーザーから驚きの声があがった。

「えー!!凄い!!なにこれ?」
「これは写メる(笑)」
「シュールでいいなw」
「自分の名前のビル…想像してしもた」
「これはヤバいですね」
「なんと笑えるw」
「世界の小室!」

投稿者が「台湾出張中に撮影した唯一の写真」と紹介したこ の画像、現在のところ、「台湾にある」ということしか明らかとなっていないが、いつか、このビルをバックに立つ小室氏の雄姿が見れることを、一市民として期待したいところだ。

文・久保田太陽

■参照リンク
https://twitter.com/778/status/519314022550609920/photo/1Permalink | Email this | Comments

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。