ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

巨人V9戦士・末次利光氏 王長嶋の後を打つ役得について語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 読売巨人軍が9年連続日本一という黄金時代を築いたとき、巨人が長く抱えていた悩みが、王貞治、長嶋茂雄の次に打席に立つ5番打者を固定することだった。川上哲治監督は柴田勲や黒江透修の打順を組み替えたり、補強選手を据えたりと試みたが、最終的に定着したのは1968年のこと。白羽の矢が立ったのは、この年台頭してきた若きスラッガー・末次利光氏だった。

 末次氏は入団4年目の1968年に5番・ライトのポジションに定着。1971年には初の3割超え(.311)を果たしてV7に貢献し、同年の日本シリーズMVPにも輝いて「史上最強の5番打者」の称号を得る。「世界の本塁打王」、「ミスタープロ野球」とクリーンアップを組む重圧を末次氏が語った。

 * * *
 巨人戦の場合、相手はローテーションを無視してエース級をぶつけてきます。よく「巨人で打つ2割8分は他なら3割に匹敵する」なんていわれましたが、その通りだと思う。毎試合、各球団のエースが相手なんですから。

 それにもちろん気合いが入っている。特に中日の星野(仙一)は凄かったですね。ONにホームランを打たれると、キャッチャーの木俣(達彦)が、打席に入る僕にボソッと声をかけてきたものです。

「末次さんスミマセン。一発、“上”に行きますから」

 するとバックネットに、ものすごい暴投が来る。相当悔しいんでしょう。当てられなかっただけマシですけどね(笑い)。

 その半面、多くの投手は僕に甘い球を投げることも多かった。ONに全精力をつぎ込んで気が抜けていたんでしょうね。ONの後を打つ役得というのはこの点でしたね(笑い)。

 ONをランナーに置いてタイムリーを打てば大歓声。ホームランでも打てばその歓声を浴びながらダイヤモンドを一周し、ホームで待つONとハイタッチする。他の球団ではこんな体験はできない。苦しみも半端じゃなかったけど、その分喜びも大きかったですね。

※週刊ポスト2014年10月24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「江夏の21球」や「巨人はロッテより弱い」発言の真相描く書
「巨人の選手は東京ドームの本塁打の打ち方を熟知」と専門家
元巨人広澤克実氏「ドームランは都市伝説。原因はボール」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。