ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【書評】著者は年収1億円 田舎での起業が成功する理由とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『まだ、都会で 貧乏やってるの?』吉角裕一朗著/学研パブリッシング/1350円+税

【評者】森永卓郎(経済アナリスト)

 都会でのチャレンジに敗れた著者は、故郷の熊本に帰って再生バッテリーの販売で起業し、いまでは年収1億円を稼ぐ成功者に上り詰めた。しかも、著者の周りには、著者と同様に、田舎で起業して成功した人がたくさんいるという。本書は、それらの体験をベースにした、「田舎起業のススメ」だ。

 著者が田舎での起業を勧める理由は次のとおりだ。どんな分野であれ、ビジネスはトップを取ることが、圧倒的な有利をもたらす。その点、田舎にはライバル企業が少なく、センスも劣っているので、都会のセンスを身につけて田舎に戻れば、容易にトップが取れてしまう。その一方で、インターネットを使った販路が、全国に向かって開かれている。だから、ビジネスの拠点としては、田舎の方が、圧倒的に有利だというのだ。

 この本を読んで、真っ先に思い浮かべたのは、九州通販王国のことだった。ジャパネットたかた、再春館製薬所、キューサイ、やずや、トーカ堂。通販の世界ではよく知られた存在だが、全部九州の会社だ。

 なぜ、主要な通販会社が九州に集中しているのか。それは、九州の消費市場の大きさが限られているので、全国進出しないと、成長できないという事情があるからだが、それに加えて、家賃や人件費が安いので、全国レベルで十分な競争力を持つことも大きな理由だろう。そうして考えると、「都会でくすぶるより、田舎で起業しよう」という著者の提案には、説得力を感じる。

 ただ私は、著者が成功したのは、田舎での起業という条件を満たしただけではなく、次々にビジネスのアイデアを思い付く才能と時流に乗る強運が、著者に備わっていたからだと思う。だから、誰でも田舎で起業すれば、儲かると思ったら、大間違いだ。

 もちろん挑戦しなければ、成功はない。だから、田舎での起業というのが、ビジネスを始めたいと思っている人たちにとって、有力な選択肢の一つであることを示したというのが、本書の存在価値なのだと思う。

※週刊ポスト2014年10月24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「1杯無料」と「おかわり無料」は何が違うのかを明かす書
ビジネスホテルが一泊四千円でやっていける理由を記した書
カフェで起業相談受ける男性 「ONE PIECEに学べ」で生徒感激

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。