ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SKY-HI 新曲「スマイルドロップ」ライブ披露、自身の誕生日にリリース決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

FM802がおくる日本最大級のショーケースフェスティバル「MINAMI WHEEL」に出演したSKY-HIが新曲を披露した。

昨年に引き続きSKY-HIが出演する会場となったBIG CATになんと今年はホーンセクションを含めたフルバンドセットで登場。メジャーデビュー曲でもありそのミュージックビデオが今春のMTV VMAJ 2014でBEST HIP HOP VIDEOを受賞した「愛ブルーム」をいきなり披露。今年2月のツアー以降、夏フェスなどではバンドとセッションを精力的に重ねてきたSKY-HIだが、タイトなグルーヴにさらなる磨きがかけられたことを1曲目から証明した。

続けざまに、「SKY-HIというのはバンド名ではなく、俺のことです」などとフランクな自己紹介で会場を和ませると、一転、「SKY-HIのことを一言で説明するのは難しいけれど、まずはめちゃくちゃラップがうまいということをお見せしよう」という曲振りとともに「Tyrant Island」に。高速ラップで誰もが認めるラップスキルを見せつけた。

その後、会場中がタオルを振り回すアッパーチューンからバラード、さらにはDaft Punk「Get Lucky」のカヴァーまで変幻自在のパフォーマンスで魅了。冒頭MCの「SKY-HIを一言で説明するのは難しい…」という表現をまさに自らのパフォーマンスで説明してみせた。

そして、ラスト2曲となったところで、「12月12日、俺の誕日に新曲をリリースします。そして、察しの良い人は気付いていると思うけど、今からその曲を初披露します」と発表すると会場のオーディエンスは大興奮。「スマイルドロップ」と名付けられた新曲は、間違いなく前述の“一言で説明できないような”SKY-HIサウンド”が磨かれ昇華され集大成になっていると言っても過言ではないだろう。HIP HOPシーン生え抜きのラッパーでありながら意欲的なバンドサウンドや歌への表現プローチでロックファンをも魅了し、その一方で、実はラッパーだからこその緻密なライミングや独自のメロディが盛り込まれおり、まさに今のSKY-HIそのものの楽曲ではないだろうか。

そんな初披露とは思えないようなバンドやオーディエンスとのグルーヴ感で会場は一体となり、ラストの「トリックスター」で絶頂のままこの日のライブを締めくくった。待ち望んだ新曲がめでたくも自身の誕生日である12月12日にリリースされるということで、今年も年末に向けてSKY-HIからますます目が離せなくなった。

リリース情報
シングル「スマイルドロップ」
2014年12月12日発売
(CD+DVD①)AVCD-83042/B 1,800円+税
(CD+DVD②)AVCD-83043/B 1,800円+税
(CD)AVCD-483044 1,000円+税

CD(すべて共通)
1. スマイルドロップ
2. Serial
3. スマイルドロップ(Instrumental)
4. Serial(Instrumental)
5. スマイルドロップ(Acappella)
6. Serial(Acappella)

DVD(CD+DVD①)
1. スマイルドロップ(Music Clip)
2. スマイルドロップ(Music Clip Making)

DVD(CD+DVD②)
1. トリックスター(Studio Live Session)
2. 逆転ファンファーレ(Studio Live Session)
3. 愛ブルーム(Studio Live Session)

関連リンク

SKY-HI オフィシャルサイトhttp://avex.jp/skyhi/
SKY-HI facebookhttp://www.facebook.com/skyhi19861212
SKY-HI YouTubehttp://www.youtube.com/user/SKYHICHANNEL
SKY-HI twitterhttps://twitter.com/SkyHidaka
SKY-HI オフィシャルブログhttp://ameblo.jp/sky-hi-blog/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。