ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シンガポールの大学研究チームがスマートフォンならわずか2分で70%も充電できる新しいリチウムイオン電池の技術を開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫


シンガポールの国立大学 南洋理工大学(Nanyang Technological University :NTU)の研究チームが、スマートフォンならわずか2分間で70%も充電でき、寿命も20年と長い次世代のリチウムイオン電池の新技術を開発したと発表しました。

リチウムイオン電池は様々な電子機器のほか、電気自動車にも使用されています。この技術を用いることで、電気自動車なら大体5分で充電できるそうです。電池寿命も従来の10倍ほど延びたとされているので、交換サイクルが拡大されます。特に自動車業界には大きなインパクトを与える研究成果です。

発表によると、同研究チームは電池のアノードに既存のグラファイトの代わりに、新開発の二酸化チタンナノチューブを使用しており、これによって500回程度の従来製品の充電サイクルを大幅に増やすことに成功したそうです。この技術の要は二酸化チタンを使って人髪の毛の1000分の1以下の薄いナノチューブを作製することで、これに成功したことで電池中の物質の化学反応を高速化させることができたとしています。また、二酸化チタンは土壌から豊富に採取することが可能なので安価、これ自体は食品添加物や日焼け止めにも使用されており安全、さらに、ナノチューブの作製方法も容易であることから製造コストも抑えられるとしています。
Source : AsiaOneNTU


(juggly.cn)記事関連リンク
Android LとNexus 6のものとみられるプロモーション動画が公開
Verizon、Droid Doesサイトで新機種(Droid Turbo?)に関するカウントダウンを開始
コアテック、新商品の発売を通知してくれる 商品検索アプリ「【速報】発売日教えて君」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP