ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

消費増税 賃金が物価上昇に追いつかず弱者が皺寄せを受ける

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 来年10月の消費税率の10%への再引き上げをめぐり、増税賛成派は社会保障の安定や財政健全化をその大きな理由に掲げている。一貫して消費増税に反対している片岡剛士・三菱UFJリサーチ&コンサルティング主任研究員は「増税賛成派の主張は嘘ばかり」と喝破する。

「4月の増税前、政府は『増税しても景気に大きな影響はない』と繰り返し宣伝していたが、4~6月期のGDPは東日本大震災の時を超える下げ幅を記録した。

 そもそも増税が財政再建に寄与するという論が嘘。税率を3%上げれば約8兆円税収が増えると予想されたが、いざ上がると政府は増税分をあてこんで経済政策などの予算を増やし、財政再建は遠のいている」

 片岡氏は社会保障の充実は反故にされただけではなく、逆の方向に進んでいるとも指摘する。

「増税で社会保障を充実させることで社会的弱者への再分配機能が見込めるといわれていた。しかし現状は、賃金が物価上昇に追いつかず、しわ寄せを受けているのは若者、高齢者などの弱者で、実質賃金が上昇したのは大企業の正社員が中心。社会保障制度を支える多くの勤労者を苦しめて本当に制度維持ができると思っているのか」

※週刊ポスト2014年10月24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
国は永遠に続くので国の借金が永遠に続いても問題ないの声
「超勉強法」の野口悠紀雄氏「消費増税より相続税を財源に」
消費増税 安倍・海江田の「談合質疑」は国民をバカにしている

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP