ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ヘンな間取り図」がブーム そのキーマンが見つけ方を解説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 一枚の特徴ある間取り図を前に、ああでもない、こうでもないと分析しつつツッコミを入れる『間取り図ナイト』なるイベントがある。年に数回、東京・大阪・名古屋・福岡など大都市を中心にツアーが開催されているが、常にチケット完売の人気だという。その主催者で『間取り図大好き!』(間取り図ナイト編・扶桑社刊)の共著がある森岡友樹氏が「ヘンな間取り」の魅力を語る。

「もともと間取り図ブームに火をつけたのは佐藤和歌子さんの『間取りの手帖』(リトルモア刊)でした。その後人気が高まり、私が管理するネットの『間取り図』コミュニティの会員も今では13万人を超えています。昨年出版した本も好評です」(森岡氏)

 森岡氏はどうやって「ヘンな間取り図」を見つけ出すのか。ネット、チラシなど、不動産業者の広告から探すことになるが、漠然と眺めていてもヘンな物件は見つからない。

「間取り図を見る時はまず動線を考えるんです。平面で見るとわかりにくいので、自分が住人になったつもりで図面の上を自分で歩いてみましょう」(森岡氏)

 玄関を上がり、廊下を通ってキッチンに向かう。トイレに入って便座に座り、風呂場のバスタブに浸かり、ベランダに出て外の景色を眺めてみる。

「すると明らかにヘンなところが見えてくるんです。なぜここにドアがあるのか、この部屋にどうやって入るのかといった疑問が出てきます」(森岡氏)

 ネットで検索する際にはいくつかのキーワードがある。“賃料(価格)”“広さ”“古さ”、これに相場がわかっていると絞り込みやすい。

「例えば京都ならこれぐらいの相場という想定を描いて調べると、広いのに相場より安い物件が出てくる。それには何か理由があるのではないかと目を凝らすと、“アレ……!?”と引っかかってくる点が見つかるのです」(森岡氏)

 分譲、賃貸に関係なく、高額物件よりも低額物件の方がヘンな間取り図が見つかりやすい。不動産業者のミスもヘンな間取り図の重要なファクターだ。

「いったい誰が書いて、広告に載るまでなぜ誰も疑問に思わなかったのか。住人がいるならこの部屋をどのように使っているのか。男のひとり暮らしなら気にならないが、彼女を部屋に招いたらどうなるのだろう……などと想像を働かせます。これだけで酒の肴として楽しめます」(森岡氏)

●森岡友樹(もりおか・ともき):全国に登録ユーザーが13万人を超える「間取り図大好き!」コミュニティ管理人。イベントを書籍化した『間取り図大好き!』(扶桑社刊)をメンバーと共著。

※週刊ポスト2014年10月24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
裸で玄関に出てから風呂入る? 変な間取り図が密かなブーム
「長さ8m」「精神病院間取り図」ほか珍本100冊を紹介した本
英国民がヘンリー王子に王位を継承してほしくない理由とは?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP