体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

U2とトム・ヨークから考える音楽マーケティング2.0

U2とトム・ヨークから考える音楽マーケティング2.0

posted by 高野修平

U2とトム・ヨークから考える音楽マーケティング2.0

先日、U2がアップルと実施したニューアルバム「Songs of Innocence」の無料配信とトム・ヨークが突如トム・ヨークとBitTorrentoの連携したニューアルバム「Tomorrow’s Modern Boxes」はそれぞれ真逆の方法論でありながら、ともにテクノロジーを活用した音楽配信です。

音楽の届け方は確実に変化が起きています。
そこにはテクノロジーがベースとなり、新しい可能性が含まれています。

今回はU2とトム・ヨークの音楽の届け方から見えるデジタルマーケティングについて考えます。

◆過去最大規模のプロモーションを仕掛けたアップルとU2

アップルの新製品発表会の場で、ゲスト・アーティストとして登場したU2が最新アルバム「Songs of Innocence」をiTunesストアでの無料配信を開始しました。
(参考:U2が最新アルバムをiTunes限定で無料配信する前代未聞の取り組みを開始。ボノ「アップルがアルバムの代金を支払ってくれた」All Digital Music

Jay-Zとサムスンにも似たこのプロモーションは大きな話題をさらいました。
なんと自分のiTunesに自動的にU2の5年ぶりのアルバムが入っているわけですから。

これはアップルが事前に購入した結果、僕らの手元に届きます。
「凄まじいプロモーションだ!」と叫ばれた一方で、「いらない、消したい、容量を食う」といった理由から後日、アップルは削除方法を掲載しました。

この施策が良い悪いを論じるつもりはありません。
ただ、このアップルとU2の仕掛けはテクノロジーをフル活用して僕ら生活者に届けられる新しい音楽の届け方だったのです。

CDショップに行かずして、iTunesストアでクリックする前に音楽が入っているという事実。当然ながらU2レベルだからこそ可能になった技ではあります。

しかし、ポイントなのはアップルがお金を払い無料で僕らの手のひらに届いたことではなく、テクノロジーの進化によって、デジタルの普及によって、音楽の届け方、音楽体験は大きくシフトしたことではないでしょうか。

そして、企業を介した音楽を届けるという手法です。アップルはもはや音楽会社のひとつであるわけなので、音楽との関連性は極めて高いので想像に難くないのですが、これからアップルだけではなく、それこそサムスンのように、音楽に密接な関連性がない企業が音楽を媒介として、ブランドとアーティストが双方にメリットを享受するシステムが生まれてくるはずです。

タイアップやコラボレーションとは違う基軸でのスクラムの組み方の一例をアップルとU2は提示してくれたのだと思います。

これらの手法はまだ日本では実施が難しいですが、規模は小さかったとしてもテクノロジーとブランドが音楽を媒介としてアーティストのマーケティングに携わる事例が出来てほしいと思いますし、僕も手がけていきたいと思います。

また、U2はアップルと新しい音楽フォーマットの開発についても進めていると言われています。

◆バイラルネットワークで音楽を届けるトム・ヨーク

一方、トム・ヨークがBitTorrentoと連携したニューアルバム「Tomorrow’s Modern Boxes」のプロモーションはU2とは真逆の思考と手法で実施されています。

(参考:トム・ヨークが新作「Tomorrow’s Modern Boxes」を発表、リリース24時間でBitTorrent10万ダウンロードを突破All Digital Music

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。