ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「スキャナーになるマウス」が話題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スキャナーはビジネスとプライベート、両方の場で活躍する大変便利なPC周辺機器だ。少し前まではスキャン専用のごついスキャナーを用意しなくてはならなかったけど、今ではちょっとしたプリンターがスキャナーとして使えたり、USBケーブルで接続できる小型のスキャナーなどが登場して、スキャニングは一気に身近なものになった。

【画像や図表を見る】

しかし、テクノロジーは日々進化する。「もうこれで十分でしょ」とユーザーが思っても、さらにその先のニーズを満たす技術を搭載した新製品が次々と生み出されている。この時代を生きていると、テクノロジーの進歩がユーザーのニーズを引っ張り上げる場面をチラホラと目にすることができる。

スキャナーもまた然りで、この度、スキャン機能搭載マウスが登場した。

「マウス型スキャナ400-SCN019」は、一見なんの変哲もない普通のマウスだが、引っくり返してみれば底面にスキャンウィンドウがあるのを発見できる。普段はマウスとして使い、スキャナーとして使用したいときだけ、親指側にあるスキャンボタンを押しながら、取り込みたい画像の上を滑らせる。これでスキャン完了。最大A3サイズまで対応しており、OCR(光学文字認識)機能を搭載しているのも嬉しい。付属のソフトウェアでデータを自動的に補正・調整してくれるほか、編集や修正も簡単、かつ手軽に行える。保存するデータが対応しているファイル形式は、JPG、PDFのほかにDOC・TXT・XLS・PNGなど。OCR機能でスキャンしたデータを文書化することも可能だ。

また、スキャン機能を持つマウスだからといって、マウス本来の性能をおろそかにするということもない。レーザーセンサーで移動を検知し、1,200dpiという高い感度を備えている。

「マウス型スキャナ400-SCN019」で、スキャンをより身近なものに、より便利なものとして利用できるようになる。次のマウス、あるいはスキャナーの購入を検討している人はぜひチェックしてみてほしい。
(武藤弘樹)
(R25編集部)

「スキャナーになるマウス」が話題はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

場所を取らない棒状スキャナー
裁断せずに本を読み取るスキャナー
デスクまわりのあったかグッズ5選
iPhone専用防水スプレー
「キャリアアグリゲーション」とは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP