ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大滝詠一 初のオールタイムベスト「Best Always」12月発売、名曲「夢で逢えたら」未発表本人歌唱バージョンも収録

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大滝詠一 初のオールタイムベスト「Best Always」12月発売、名曲「夢で逢えたら」未発表本人歌唱バージョンも収録

大滝詠一初となる、オールタイムベスト「Best Always」が12月3日に発売される事が決定した。

日本を代表するポップソング「幸せな結末」「君は天然色」「恋するカレン」等、過去にリリースしたシングル楽曲を中心に構成された全キャリアを網羅するベスト盤。特筆すべきは、吉田美奈子やラッツ&スター、桑田佳祐、松たか子、EXILE ATSUSHIをはじめとする40組以上のアーティストにカバーされた名曲中の名曲「夢で逢えたら」の未発表本人歌唱バージョンが発掘され、今回のベストアルバムに収録される。

本人の歌声としては2003年に竹内まりやとデュエットした「恋のひとこと〜Something Stupid〜」(2003年リリース)以来、ソロ名義としても「恋するふたり」(2003年リリース)以降11年ぶりとなる。

過去にリリースしたヒットシングル及び、はっぴいえんど、ソロ、ナイアガラレーベルにおけるソロ名義のアルバムの中から最低1曲づつを収録した究極のオールタイムベストとなっており、初回盤のボーナスディスクには、初出のカラオケも収録。ブックレット内には大滝詠一と親交のあったミュージシャンからの寄稿文も掲載予定。

ナイアガラファンはもちろん、このベストアルバムで初めてナイアガラサウンドに触れる人にも非常に手に取りやすい作品となっている。

また、来年、2015年3月21日には、2011年に発売された「NIAGARA CD BOOK Ⅰ」に続き、以前から大滝自身の構想にあった「NIAGARA CD BOOKⅡ」の発売も決定。代表作の「A LONG VACATION」「EACH TIME」を含む80年代以降のオリジナルアルバム10枚とオムニバスで構成した2枚の全12枚組。80年代以降のナイアガラ音源を総括する集大成的BOXとなる。

さらに、ベストアルバムと同じ12月3日に生前、大滝詠一が自宅で愛用していたジュークボックスに入れられていた洋楽オールディーズ楽曲を集めた、コンピレーションアルバムが、タイトル「Eiichi Ohtaki’s Juke Box」 として、レコード会社3社から3タイトル“エルビス編(ソニー編)/ワーナー編/ユニバーサル編の3タイトル”が同時に発売される。

リリース情報
ベストアルバム「Best Always」
2014年12月3日(水)発売
初回仕様限定盤 SRCL-8010〜2 4,000円+税
通常盤 SRCL-8013〜4 3,500円+税
初回仕様のみボーナスディスクとして純カラオケ収録。三方背BOX仕様。

BOX「NIAGARA CD BOOK Ⅱ」
2015年3月21日(土)発売
完全生産限定盤 SRCL-8700〜8711 25,000円+税
12枚組豪華ボックス仕様
※「Best Always」と「NIAGARA CD BOOK Ⅱ」のW購入者特典施策実施予定。
※「NIAGARA CD BOOK Ⅱ」予約特典、ジャケット絵柄LPサイズカレンダー予定

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。