ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

逆風続きの中川翔子が短足ネタを自虐ツイート ネット上に励ましの声多数

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
逆風続きの中川翔子が短足ネタを自虐ツイート ネット上に励ましの声多数

最近では事あるごとにネット上から強烈なバッシングを浴び続けている「しょこたん」こと、タレントの中川翔子(29)。先ごろ、そんな彼女が、かねてより話題となっている自身の「短足バッシング」について、どこか哀愁をおびた自虐ツイートを行ったことが話題となっている。

Tシャツにジャージという姿でリハーサル風景を紹介した彼女は、その際、画像と共に「三曲目くらいで、ジャージが後ろ前逆にはいてるの気がついてしまったけどそれ以上にすごい短足だなぁ改めて感心した」とツイート。かねてよりネット上で多くのユーザーからもあがっている自身の「短足バッシング」に対して、自虐めいたニュアンスで触れていた。そのため、ツイート直後は、いわゆる「アンチ派」から「ようやく認めたか」「自覚してるならいいよ」といった冷たい声も出てはいたが、その後、彼女を励ます多くの声が巻き起こった。

「短くても長くてもしょこたんはしょこたん!」
「結婚してくれぇ」
「変にモデル体型じゃない方がかわいいんだよ」
「短足だっていいじゃないしょこたんだもの」
「叩いてるやつは自分のストレスをしょこたんにぶつけてるだけ」
「短足も魅力だよ」
「しょこたん優しいなオマエラの為にネタ投稿するのだから」
「批判してる奴って一日中しょこたんの監視してるのかね。なかなかのクズだなw」

多くの人々の前で姿を晒すタレントという職業である以上、また、その容姿が大きな商品価値を生む職業である以上、こうしたネガティブな声はつきものと言える。しかし、今回のツイートで明らかとなったように、今もなお、ありのままの彼女を愛し、熱狂的 に支持するファンも少なくない。何かにつけて多くのバッシングに見舞われがちな彼女であるが、どうかそうした逆風に負けることなく、自分らしさを大切に、これからも活躍し続けて欲しいところだ。

文・久保田太陽Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。