ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

秋山幸二、今季で勇退!常勝を宿命づけられた「メジャーに一番近かった男」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
秋山幸二、今季で勇退!常勝を宿命づけられた「メジャーに一番近かった男」

常勝球団・ソフトバンクホークスを6年間率いてきた秋山幸二監督(52)が、3年契約の最終年にあたる今季終了をもって、同球団の監督を辞任することが明らかとなった。既にチームは3年ぶりの日本一奪還を目指し、CSファイナルステージでの戦いを前に準備を整えている状況であるが、このことにより、チームが日本一に輝いたとしても、秋山監督がソフトバンクのユニフォームを着て指揮をとる姿を見ることができるのは、今季で最後となる。

09年の就任以来、監督在任中6年間で実に3度のリーグ優勝を果たしている同監督は、いまや、 押しも押されぬ名監督になったと、誰しもその手腕を認めるところだ。そのため、今年7月には王貞治球団会長からも熱心な続投要請を受けていたが、秋山監督は態度を保留。その後、チームが終盤で失速し、ファンからも心無い野次が飛ぶなど、「常勝球団ならではの厳しさ」に直面させられることも少なくなかった。優勝会見で涙しつつ「半端ないプレッシャーはひしひし感じていました」と漏らしたその言葉は、おそらく監督の本心であったと言えるだろう。この時既に、秋山監督の中では辞意が固まっていた。

1980年、ドラフト外で西武ライオンズに入団した秋山は、3度に及ぶ米国への野球留学から帰国後、めきめきと頭角をあらわし、1985年には、くしくも後年、必死にその慰留を行うこと となる世界のホームラン王・王貞治と並び、わずか23歳で40本塁打を記録するなど、和製大砲として活躍した。
また、そうした長打力のみならず、俊足強肩の外野手としても活躍、1989年には、打率.301、31本塁打、31盗塁で日本プロ野球史上5人目のトリプルスリーを達成するなど、その類稀な能力から、「メジャーに一番近い選手」として、多くの人々に期待された。そんな秋山を育てたのは、当時、黄金期を迎えていた、時の常勝球団・西武ライオンズ。ベテラン・東尾修や若きエース・渡辺久信、工藤公康、そして秋山と共に強力な打撃陣を形成した辻発彦、平野謙、清原和博、デストラーデ、石毛宏典、田辺徳雄、伊東勤など、今では伝説となっている名プレイヤーたちに囲まれながら、秋山はその腕と闘志を磨き続けたのである。

リーグ優勝を果たしつつも 、今季での退任を決意した秋山幸二監督。好成績を残した上での退任に、球界のみならず、世間からも「なぜ?」の声が後を絶たない。しかしその胸の奥には、常勝球団で現役生活を過ごし、常勝球団で指揮を執り続けた、「勝たせねばならない男」ならではの、秘めた想いやプライドがあるのかもしれない。

文・吉竹明信Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ 動画 タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。