ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大阪で寿司バルスタイルがブーム 「フォアグラの握り」が名物

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 全国に約3万店。鮨は地域の人々に愛され、各地でそれぞれの歴史を築いてきた。その中で、伝統を大切にしながらも新しいスタイルに挑戦する店が増えている。大阪では「鮨バルスタイル」が大ブームだ。

 鮨 Fish Bamboo(フィッシュ・バンブー)はそんなスタイルの店の一つ。若者の街・アメリカ村にある店は、高い天井がネオンアートで彩られ、雰囲気はまるでアメリカンバー。しかし鮨は本格派だ。

「回るところしか行ったことのない若い人たちにも旨い鮨を食べさせたくて、1年前にオープンしました」

 そう語る店主の竹内久仁彦氏は、鮨職人として40年のキャリアを持つ。その言葉通り、コースは2500~5500円と手頃な値段設定だ。

 名物は「フォアグラの握り」。とろけるような甘みがシャリとよく合う一品だ。

【鮨 Fish Bamboo(フィッシュ・バンブー)】
住所:大阪市中央区西心斎橋2-1-18-5F
営業時間:18時~25時/無休
予算(目安):2500円~

撮影■武美静香

※週刊ポスト2014年10月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
チェス界伝説の天才の生涯を追った評伝 巻末解説は羽生善治
【東京オートサロン】スズキのハスラー改とノースリーブ美女
米の低レベル高校生、殺人事件が日常の街等をリポートした本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP