ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

自分に投資しなければ「よいもの」は生まれない

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
自分に投資しなければ「よいもの」は生まれない

 昨年の大ヒットドラマ『あまちゃん』に主演してブレイクした女優の能年玲奈さん。今年はCMでも大活躍しています。数多くのCMに出演した能年さん。特に印象深かったのは『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』のCMで、大雨の中、スライムに扮した能年さんが「僕、強くなるから…仲間にしてよ!」と叫ぶシーン。

 こうした注目を集めるCMは、主演者の注目度ももちろんですが、意外性やストーリー性も重要。同CMの場合、「僕、強くなるから…仲間にしてよ!」のような、ドラクエファン、能年さんファンに刺さるようなコピーワークの見事さも光ります。

 では、一体、どのようにしてセンスあふれるコピーは生まれるのでしょうか?

 書籍『人真似は、自分の否定だ クリエイターの60訓』は、元博報堂の制作部長である高橋宜行氏が、30年間の現場生活で学んだ「言葉」を公開した一冊。広告業界は、決して華やかだと思われがちですが、それだけでなく厳しい世界であること、また、愛のある世界だとわかる名言集です。

 同書で紹介される言葉の一つに、「自分への投資が足りないよ」というものがあります。これは、高橋氏が新人の頃に先輩から言われた言葉。広告制作は雑学、だからもっと自分に投資しないといけない、という意味です。高橋氏は今でもこの言葉を大切にし、若手を鼓舞しているそうです。

「アイデアは自分の中からしか生まれません。自分の見たこと、読んだこと、聞いたこと、体験したこと、そして考えることで生まれてきます。その時、どれだけ異質な情報をひっぱってこられるか、情報をどう組み合わせることで新しい価値が生まれるのか。そこには知識や体験の多さから生まれるセンスが問われます。見て聴いて読んで体験するからセンスは磨かれ、さらに自分に投資することで感度が高まります。それがすべての発想につながっているのです」(同書より)

 なにか新しいアイデアを生み出そうとした時、インターネットで検索ばかりしていては、上っ面の情報しか集まりません。また、オリジナルも生まれません。説得力あるアイデアを生み出すためには、自身の知識と体験が欠かせないということ。

 高橋氏は、クリエイターの仕事を一流のシェフを喩えます。力のあるシェフほど、新しい素材を探すために足繁く現地に通い、また好奇心をもって別ジャンルの料理店に入ります。彼らは、新しい知識や体験から、新しい組み合わせが生まれ、それが、創造性のあるひと皿になることを知っているのです。

 これからコピーライターやクリエイティブ業に進もうと考える人は、この「自分への投資が足りないよ」の言葉を覚えていても、損はしないのではないでしょうか。

■関連記事

マッキンゼー流「ゼロ思考」 恋愛もゼロクリアが基本?
なぜ、奇抜なアイデアは「シャワーを浴びている時」に思いつく?
正しいブスのほめ方とは

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。