体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

tofubeats『First Album』インタビュー(前編)

tofumain

 

天性のポップセンスを武器に、森高千里、藤井隆とのコラボも果たし、お茶の間での認知も進むtofubeats。その彼のメジャーファーストアルバム『First Album』が完成。“Don’t Stop The Music”を筆頭にシングルでおなじみのキャッチーなトラック、パラパラを見事に調理したモダンなダンストラック“CANDY¥¥¥LAND feat.LIZ”、静かに染み渡るミディアム“衣替え feat. BONNIE PINK”など全18曲が収録。様々な味わいはあるものの、アルバムの根底を貫くのは音楽への一途な、奪われたら息ができないんじゃないかというほどに濃密な愛だ。そして、そこに到達したいという願い。それはもはや信仰のようだと、tofubeatsは語ってくれた。

 

 

——アルバム完成、おめでとうございます。SoundCloudで曲があがりまくってたので順調なんだろうなあと思っていたんですが、制作過程はどうでした?

tofubeats「いや、全然。順調も何もSoundCloudにあげてるのはアルバムには入れないつもりで作ってたやつなんですけど……入りましたね。そういう感じです(笑)。そもそも7月の頭に急にアルバムを作らなきゃいけなくなりましたってことがわかったんです。レコード会社内ではずいぶん前から年内にアルバムを出すと決まっていたらしいんですが、俺は直前に知ったという流れで。『嘘ですよね? あ、本当なんだ。じゃあ頑張ります』って(笑)。先行シングル以外のほとんどの曲をそこから1ヶ月強で作りました。最後の”20140803”は締切直前でサンプリングで作ってみたらいい曲だったんで仕上げたんですよ」

——自主制作のアルバムは時間に追われずに出来たから、またちょっと感覚が違った?

tofubeats「前作も期日を決めてはいたんですよ。でも当時のブログを見返すと、4ヶ月しか時間がないって書いてあって衝撃を受けました(笑)。前作は満を持して、マスタリングも自分でやって。マスターを『出来上がった!』って感じで持って行ったのは覚えてます。今回は満足してないわけじゃないけど、なんかもう最後の方はボロボロボロボロ、みたいな(笑)」

——『First Album』は入ってるメンツからしてもメジャーでどこまでできるのか、ある意味そういうところも試ししてる感じがするんです。それも『lost decade』の時とは違う?

tofubeats「メジャーというか、能書きが短い分いいゲストが呼べるという考え方もできるというだけで、やりたいことは『lost decade』とあまり変わってないです。それは展開や入ってる曲の分量を見てもわかると思います。1ヶ月しかないんだったら18曲も入れなくていいじゃんって話なんですけど、やっぱりパンパンにしたかったし、うん、基本的にやりたいことは変わってないんだなって感じですね」

——やりたいことというのは、ポップスを届けるということ?

tofubeats「楽しんでもらうってことじゃないですかね。サービス精神じゃないですけど、アルバムを買って聴いてもらって、その中に好きな曲が1曲でも入ってたらいいなって。アルバム全体としてどうというより、アルバムの中に好きな要素が多ければいし、そしたら好きになってくれるチャンスが増えるから、こっちからしてもその要素が多い方がいいんです」

——なるほど。濃密な製作期間でしたが、改めて振り返ってみて手ごたえはある?

tofubeats「いや~、あんまりわかんないです。『lost decade』もそうでしたけど、世に通って初めてわかるものですから」

——ああ。じゃあこれ完全にいくっしょって感じはいつもないんだ?

tofubeats「一度もそんなことないっすね(笑)。どの曲でもないっす。ただ俺が特に好きな曲はあって、パラパラ(“CANDY¥¥¥LAND feat.LIZ)と”衣替えfeat. BONNIE PINK ”は出来て良かったなと思います。でもこれは世の中にウケるなってのはないです。選ぶのは世の中だし、その世の中のためにやってるみたいな感じもあるんで。世の中の人がいいとなって売れるというより、これがいいということをわかってもらえたら嬉しいなと思います」

——これがいいとわかってもらえる世の中だったらいいな、と?

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。