体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オーストラリア・メルボルンの食材はビッグなオージーサイズ! オーガニック&南半球最大の屋外マーケットを散策

v36

海外旅行の魅力は日本では体験できないようなアクティビティやテーマパーク、レジャー施設でおもいっきり遊ぶ! というのももちろんですが、その土地ならではのお店やマーケットを巡るのも楽しみの一つ。今回はオーストラリア・メルボルンを訪れたときに巡ったマーケットの様子を紹介します。

※すべての画像入りの記事は下記URLからご覧ください
http://getnews.jp/archives/681660

オーガニックアイテムが揃う「プラーンマーケット」

p1 1 p10 p17

メルボルンで最もファッショナブルと言われる街、サウスヤラにある“プラーンマーケット”。オーストラリアにしてはこぢんまりとした雰囲気のマーケットで、高級街にあるため、少し他のマーケットよりお値段はお高め。それでも、オーガニック専門店がいくつもあり、品ぞろえは豊富。こぢんまりとしている分、お店が探しやすく見て回りやすいのが良いところ。

p4 p9 p3

紅茶やお菓子など商品パッケージもオシャレで、全部そろえて並べたくなる可愛さ!

p6

オーストラリアらしい、コアラやチンパンジーの愛らしいイラストが目印のオーガニックのシリアル。これはハワイでも見かけたので、オーガニックシリアルを取り扱うお店なら、出会える可能性があるかもしれません。

p5

地元で作られた製品には、可愛いコアラの“LOCAL PRODUCT”のポップが。

1 2 3 4次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。