ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

群馬のB級グルメ「焼きまんじゅう」発祥のお店「原嶋屋総本家」- 前橋

DATE:
  • ガジェット通信を≫


世界遺産の富岡製糸場がある群馬県。実は世界遺産に負けないほど素晴らしいフードがたくさんありますが、その中でも魅力的なのが「焼きまんじゅう」です。

実はその「焼きまんじゅう」、群馬県のB級グルメで最強ともいえるほどのコスパのよさと味の良さ。でも、なぜかB-1グランプリには出てきません。

最近では、群馬を中心に展開している一部のコンビニで、焼きまんじゅう味のチロルチョコを販売したり、コンビニの店内で焼きまんじゅうを調理、販売しているところもあるとか。徐々に群馬ローカルの食べ物として認知されつつあるのかな、と思います。

そんな話題の「焼きまんじゅう」の発祥は群馬県の県庁所在地である前橋。数あるお店の中でも発祥のお店とよばれるのが創業150年の「原嶋屋総本家」です。場所は、前橋の市街地の住宅地にあります。

原嶋屋総本家さんの現在の建物は、初代の生家を再現したもので、外観は重厚感ある上州の養蚕農家風の造りでとても立派な古民家となっています。

暖簾をくぐって店内にはいると、とってもいい雰囲気で、目の前で焼きまんじゅうを焼いています。うーん!香ばしい匂い!

こちらの焼きまんじゅうは、焼きながら裏表と何度もひっくりかえし、秘伝のタレを何度も塗ります。注文してから焼いてくれるので20〜30分ほど時間がかかりますが、焼きまんじゅうを味わうための時間として我慢しましょう。

原嶋屋総本家さんの焼きまんじゅうは、じっくり時間をかけて焼かれているため、甘しょっぱい味噌ダレは香ばしく、外側はカリっと香ばしく、中身はとてもジューシーになります。

出来たての焼きまんじゅうはとても妖艶な香りをまとい、甘塩っぱい味噌ダレはエンドレスな食欲をかき立てる味わいです。

明治以降は富岡製糸場で働く女工さんたちに人気となった、そんな群馬の郷土の味「焼きまんじゅう」は、絶対に今後ブームがくるはず!?

今後注目されて何時間も並んでしまう!なんてことになるまえに、ひと串食べてみてはいかがでしょうか?香しい香りと癖になる甘塩っぱい味わいの焼きまんじゅうの味に必ず虜になると思いますよ!

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/

<お店情報>
店名: 原嶋屋総本家
住所: 群馬県前橋市平和町2-5-20
営業: 10:30〜売り切れじまいなのでお早めに!
定休: 火曜

<焼きまんじゅうに関連した記事>
グンマー最強のB級グルメ「焼きまんじゅう」オリタ焼まんじゅう店 高崎
斬新な味「焼きまんじゅうジェラート」を群馬県のアンテナショップ・ぐんまちゃん家で食べてみた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP