体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SuperSUがv2.13にアップデート、AOSPやAndroid L、Android TVのサポートを改善、64bitプロセッサを試験的にサポート

root 端末で広く利用されている ChainFire 氏の root アクセス管理アプリ「SuperSU」が v2.13 にアップデートされました。同時に Amazon アプリストアにもリリースされ、Kindle Fire タブレットにおけるダウンロードやアップデートを Amazon アプリストアで実行できるようになりました。v2.13 では、主に内部的な調整や互換性の改善、対応機種の拡大を行っています。メインは AOSP (Android Open Source Project)、Android L、Android TV 、64bit アーキテクチャーのサポートといった点が挙げられます。つまり、AOSP ベースの ROM や今後リリース予定の Android L ・ Android TV 、64bit 対応プロセッサを搭載した端末でもうまく動作するということです。また、MIPS アーキテクチャーの CPU への対応も行われています。Android TV のサポートを改善(アイコンを調整、いくつかの機能を無効化、端末デフォルトのテーマを採用など)システムが UID 名を番号に変換できない場合に手動で変換できるようにした「trust system user」が有効になっていた場合でもシステムユーザーが root アクセスできない問題を修正暗号化済み端末のブートシーケンスを調整-cn/–context 用の MCS をサポート最新の AOSP / Android L  の Audit による様々な監査を無視するよう変更supolicy バイナリを試験サポート削除された root アプリをブート時にチェックする機能を追加Anazon アプリストアをサポートARM または x86 だけのインストール制限を削除(MPIS 対応のため)興味のあるアプリを通知armeabie-v7a、arm64-v8a、x86-64、mips、mips64 アーキテクチャーを試験サポートTWRP / CWM のアップデーターにおける busybox の依存性を削除名前空間セパレーターでのマウントを無効にするオプションを追加SU バイナリアップデート画面にリブートボタンを追加SuperSU は CF-Auto Root に含まれているものは既にこのバージョンにアップデートされており、Google Play ストア版は 10 月 12 日中にアップデートされる予定です。「SuperSU」(Google Play ストア)Source : Google+(ChainFire)


(juggly.cn)記事関連リンク
Sonyのレンズスタイルカメラ新モデル「ILCE-QX1」、「DSC-QX30」、「DSC-QX10」ピンクカラーが国内で発売開始
ドコモメールのAndroid版は既にAndroid Wear対応
JTBパブリッシング、旅行・旅系の雑誌を記事単位で購入でき、まとめてオリジナルのガイドブックを作成できる新しい電子書籍サービス「たびのたね」を提供開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。