ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

徳川慶喜に届けられた麻布十番「更科堀井」の真っ白い更科蕎麦

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 創業寛政元年、200年以上続けて江戸の伝統の味、蕎麦を作り続けているのが東京・港区の「総本家更科堀井」。『御前蕎麦』として、将軍家などに届けられていたという。『江戸東京幕末維新グルメ』(竹書房)の著者・三澤敏博さんはこう説明する。

「徳川慶喜の侍女が残した記録によると十男の勝精(かつ くわし)が土産として、更科堀井のざる蕎麦を届けさせたという記録も残っています」

 現在は蕎麦の実の芯だけを使用した白い『更科蕎麦』が名物。

「明治中期に六代目の女将が考案したのが今の更科蕎麦の元祖ともいわれています」(更科堀井代表・堀井良教さん)

【総本家更科堀井 麻布十番本店】
●住所 東京都港区元麻布3-11-4
●営業時間 11時半~20時半 無休

※女性セブン2014年10月23・30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
新蕎麦の香りやのどごしを楽しむには「もり」で一気に啜るべし
京都のにしんそば発祥店 秘伝の甘辛たれにリピーター多数
ディズニーシーの配慮とオススメ食事方法をディズニー通解説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP