体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ソルのゲー評】『NEW ニンテンドー3DS』の仕様は新ハードに引き継がれるか?

『NEW ニンテンドー3DS』レビュー

2014年10月11日ついに『NEW ニンテンドー3DS』が発売された。

2011年に『ニンテンドー3DS』が発売され、2012年7月には『ニンテンドー3DS LL』が発売され話題となった。
マイナーバージョンアップとして発売された今回の『NEW ニンテンドー3DS』は『3DS LL』から実に2年ぶり以上の新機種となる。

『ニンテンドー3DS』は当初は2万5000円で売り出され、出足は必ずしも好調というわけではなかった。しかし発売から約半年経った2011年7月28日に、8月11日以降の価格を1万5000円に改定すると発表。『モンスターハンター』シリーズの牽引が加わり、『3DS』の売り上げは絶好調となった。

ただし『モンスターハンター』シリーズをより快適に遊ぶためには拡張スライドパッドを用意する必要があり、これがないとまともに遊ぶことができないとも言われていた(もちろん、スライドパッドなしで遊ぶ猛者も多く存在していたが)。それが今回の『NEW ニンテンドー3DS』からは、拡張ボタン問題も解決されたのだ。
今まで散々言われてきた右スティックやZL/ZRボタンがデフォルトで搭載されているので、拡張する必要が無くなっている。

そんな『NEW ニンテンドー3DS』を早速入手したので開封とレビューを行いたい。

『NEW ニンテンドー3DS LL』メタリックブルーを購入

今回購入したのは『NEW ニンテンドー3DS LL』のメタリックブルー。どうやら通常の『NEW ニンテンドー3DS』よりも『NEW ニンテンドー3DS LL』の方が人気あるようだ。箱にはCスティックや3Dブレ防止機能の存在、そして忘れてはいけないNFC機能のことも書かれている。
箱から取り出すと、かんたんスタートガイドにARカード、そして通常のマニュアルが見られる。そのダンボールの中に入っているのが『NEW ニンテンドー3DS』である。

『NEW ニンテンドー3DS』レビュー 『NEW ニンテンドー3DS』レビュー 『NEW ニンテンドー3DS』レビュー

ハードを見てみる

外見は特に大きな変化は無く、『ニンテンドー3DS LL』とあまり見分けが付かない。背面を見てみるとLRボタンが2つずつ付いていることが分かる。電源ボタンとゲームカードスロットが前面に来ているおり、またWi-Fiのオンオフスイッチが排除された。

起動させると通常の『ニンテンドー3DS』と同様の画面が表示されるが、少し進めると『NEW ニンテンドー3DS』独自の項目が存在する。それは「3Dブレ防止機能」というもので、斜めから見ても立体に見えるという機能。カメラで顔の位置を検出しており、顔の位置にあわせて立体視を自動調整してくれるのだ。

横 『NEW ニンテンドー3DS』背面 『NEW ニンテンドー3DS』前面 『NEW ニンテンドー3DS』 裏 『NEW ニンテンドー3DS』 ブレ防止
1 2次のページ
ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会