ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

愛する人への“最期の言葉”をアートにして届けるアプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

誰にでもいつかは訪れる、人生最後のとき。

高齢になると、自分の最期の瞬間について想いを馳せることもあるだろう。しかし若者にとっては、まだ現実味を帯びたテーマでないのが普通かもしれない。

シンガポール在住のCorina Tan氏が開発を進める「The Last Of Me(ラスト・オブ・ミー)」は、そんな死の存在について考えさせられるiPadアプリ。

あなたがこの世を去ったあと、家族や友人、恋人など、愛する人達へあなたからの最期のメッセージをアートプリントにして送ってくれるというサービスだ。

ユーザー登録後は、まず贈る言葉を決めるところからスタート。残された人たちへ、感謝やアドバイスなど伝えたい言葉や、自分の大好きな作品の一節を選んでもいいだろう。

あとは送る相手を設定し、自分の直筆のサインを登録するだけ。

登録者の情報はデータベースに保管され、運営側は毎日、政府や公的機関によって発表されている死亡者情報をもとに、登録者と該当するかをデータスキャンにて確認。

そして登録者の死亡が確認された場合は、あらかじめ設定された相手にアラートを送信し、最期の言葉が実物のアートプリントとして成形され、相手に送られるという仕組みだ。

元々は、緩和ケア患者に向けて開発されたという同サービスだが、Tan氏いわく、健康な若者たちが死というテーマに向き合うきっかけになれば…と、いまはそんなふうに考えているそう。

「ラスト・オブ・ミー」は現在、サービスの展開のために協力してくれる団体や企業を募集中とのこと。

愛する人へ届く最期の贈りもの。あなたならどんな言葉を送るだろうか。

The Last Of Me
http://www.corinatan.com/the-last-of-me

The post 愛する人への“最期の言葉”をアートにして届けるアプリ appeared first on ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト.

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP