ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

寿司カウンターとバーを併設した銀座の店 洋酒が合うと好評

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 全国に約3万店。鮨は地域の人々に愛され、各地でそれぞれの歴史を築いてきた。その中で、伝統を大切にしながらも新しいスタイルに挑戦する店が増えている。

 昨年のオープン以来、鮨カウンターとバーを併設した斬新な試みで話題になっている「銀座 鮨 まさの」。表参道の名店「きどぐち」で21年間修業を積んだ正野篤氏が握る本格江戸前鮨を味わいながら、ワインやカクテルを楽しむことができる。

「ウイスキーの水割りやソーダ割りは、意外と鮨に合うと好評です」(マネージャーの長谷川功氏)

 一番のこだわりネタは「車海老生上げ」。

「半茹でで温かいまま食べてほしい。口の中に旨みが広がります」(正野氏)

【銀座  鮨 まさの】
東京都中央区銀座8-6-20-B1F
営業時間:18時~26時(土18時~23時)/日祝休
予算(目安):1万7000円

撮影■岩本朗

※週刊ポスト2014年10月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
日本の財政は“月収40万円で支出77万円の家計”と解説した書
ピザにはちみつをかけるのはチーズとの相性抜群で意外に合う
醤油味の即席麺に合う「ちょい足し」は大福、レモン、トマト

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。