ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

水樹奈々、新曲映像で“地上8.5m×幅1m”の場所に命綱無しで挑戦

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 10月から放送開始のテレビアニメ『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド)』オープニングテーマ「禁断のレジスタンス」が、10月15日に水樹奈々30枚目のシングルとして発売される。先駆け、水樹奈々YouTube Official Channelで、MUSIC CLIPが公開された。

【関連:水樹奈々、初の単独シンガポール公演でファンからのサプライズに涙】

 今回の撮影は、水樹の地元愛媛県新居浜市にある歴史遺産「マイントピア別子」「端出場水力発電所」の二箇所でオールロケが敢行された。
印象的なアンティークの白いドレス姿のシーンは、マイントピア別子内で東洋のマチュピチュと呼ばれる東平エリアで撮影。撮影場所には車でアクセスできないため、220段の階段を水樹は衣装のハイヒールで何度も往復したそうだ。

 また、撮影ポイントは普段立ち入り禁止の遺構の上。なんと地上8.5メートル、幅1メートル程の危険な足場に命綱無しで挑んだという。
ライブでも地上15メートルでフライングしながら歌うなど、高さに慣れているのか、映像内でも圧巻のパフォーマンスが見られる。

 濃茶スチームパンク衣装でのバンドセッションシーンは、1912年に完成した端出場水力発電所にて撮影。こちらも貴重な産業遺産で、普段は見学さえ許されていない。両方共にこのような立ち入り禁止の場所で撮影出来たのは、水樹が地元愛媛の観光大使を務めているという事で新居浜市の協力のもと特例中の特例として撮影許可が下りたという。

 端出場水力発電所のクラシカルな建物内にはドイツ製の発電機が今も残されており、赤レンガの温かみと機械の重厚感が映像内でも絶妙なコントラストを生み出している。

自 身が生まれ育ち、歌手としての礎を築いた地元新居浜で撮影された今回のMUSIC CLIPは、記念すべき30枚目のシングルに相応しい特別な作品になったようだ。

▼「禁断のレジスタンス」MUSIC CLIP(Full Ver.)
http://youtu.be/YHxSSEYA7_E

(C)KING RECORDS

カテゴリー : エンタメ 動画 タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP