ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハロウィン人気コスプレBEST5

DATE:
  • ガジェット通信を≫

年々盛り上がりを増しているという、近頃のハロウィンイベント。「自分もやってみたいけど…」と、興味はあるけれど、どう仮装をすればいいか分からない人も少なくないのでは? そこで、毎年多くの仮装ピープルでにぎわう渋谷・東急ハンズで、スタッフおすすめの初心者向け人気コスプレを聞いてみた。

【画像や図表を見る】

●第1位 ファントム オブ ジ オペラ(2480円+税)
ご存じ「オペラ座の怪人」に変身できるコスチュームセット。サテンのケープに、半分だけ顔を隠せるホワイトマスクが付属している。会社帰り、普段のスーツにプラスするだけで一気にハロウィン気分が味わえるはず。奇抜すぎないスタイルのため、初チャレンジのハードルも低い。

●第2位 SCHOOL GIRL (6400円+税)
ぼろぼろのシャツやジャケット、ネクタイ、スカートを身にまとえば、すぐさま“ゾンビ学生”を気取れる。白いシャツには、血のりで派手にペイントするのもよいだろう。ややゆったりめに作られており、Mサイズ以上~なら細身の男性も着られそうだ。同様の男子学生セット「SCHOOL BOY」も販売中。

●第3位 フーデッドケープ (2500円+税)
こちらも、普段の服装に追加するだけで仮装ムードが漂うアイテム。腰あたりまですっぽり隠れるフード付きのケープだ。モンスターのマスクなどと合わせてもよし、眼鏡や杖をそろえて魔法使いっぽくキメるもよし、活用方法は幅広い。まだなんとなく仮装が気恥ずかしい人にとっては、顔を少し隠せるのがうれしいところ。

●第4位 3Dペースト (3800円+税)
魔女のようにとがった耳や鼻、ゾンビの痛々しい傷口などを作ってみたい方にはこちらのペーストがぴったり。薬を混ぜ合わせて肌に塗りつけると、立体的に固まり、リアルな質感の傷や皮膚が作れる。水性絵の具やファンデーションで着色できるので、青い皮膚や赤黒い切り傷といった色味も自由自在。仲間と一緒に、様々なアレンジを模索してみよう。

●第5位 ベネチアンマスク (2800円+税)
もっとも手を出しやすい仮装のひとつは、マスク。ゾンビやお化けなどの全面マスクも手軽だが、スタイリッシュにまとめられるのは、仮面舞踏会を思わせるベネチアンタイプ(目のまわりを隠すもの)だ。どんな服装にも合わせやすく、デザインも豊富に展開されているので、初心者の一手として試してみたい。

さらに、本格的に仮装したい人は、コスチュームだけでなくメイクにチャレンジするのもおすすめ。簡単に髪の色を変えられるヘアチョークや、殴られたような色のチークにアイシャドウ、ゾンビ肌用のファンデーションなど様々なアイテムが販売されている。難しいメイクができなくても、顔色を悪くして血のりを散らせば、すぐさまゾンビらしい雰囲気に仕上がるよう。

さて、試してみたいハロウィンスタイルはあっただろうか? アイテムをそろえたら、合い言葉「Trick or Treat?」の練習もお忘れなく!

(菅原さくら/アバンギャルド)
(R25編集部)

ハロウィン人気コスプレBEST5はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

10月26日、六本木に妖怪現る!
葉加瀬太郎の“エルサ”が大反響
オーダーメイドの「付け牙」体験記
テレ東大江アナの仮装姿に絶賛の声
しょこたんのゾンビメイクが怖すぎ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。