ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

上司にしたいヒーローとは…

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「アベンジャーズ」シリーズの最新作『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』が絶賛発売中! 「アベンジャーズ」といえば、マーベル・コミックの人気キャラクターが集結したドリームチーム。メンバーは、パワードスーツを身にまとった天才発明家のアイアンマンに、怒りで変身する緑色のモンスター・ハルク、神の国の王位継承権を持つソーに、魔性のスパイブラック・ウィドウなどなど、ひと癖もふた癖もある曲者ばかり。

【画像や図表を見る】

個性派揃いのそんな集団をまとめるのが、本作の主人公であり、アベンジャーズのリーダー的存在であるキャプテン・アメリカ。強い愛国心をもちながらも虚弱な肉体が理由で何度も入隊を拒否されていたが、諦めきれず、祖国を救うため完璧な兵士を作り出す“スーパーソルジャー計画”の被験者となった過去をもつ彼。当然、正義感は人一倍強く、人格は高貴にしてリベラル。多くのヒーローや市民にしたわれており、まさにヒーローの中のヒーロー、リーダーの中のリーダーといえる存在なのだ! そんな彼のリーダーシップにあこがれる人物は、現実世界でも増加中。

「人間臭くてまっすぐなキャップの人柄が魅力的。また、生身の迫力あるアクションは新境地に達していると思います。キャップ! ついて行きます!」

本作について、そうコメントを寄せてくれたバッファロー吾郎の竹若元博さんも、キャプテン・アメリカに心酔する者のひとりだ。さらに、コメントにもあるとおり、アクションもこの作品の大きな魅力。キャプテン・アメリカの敵「バトロック」を格闘技団体UFCの第6・8代ウェルター級王者のジョルジュ・サンピエールが演じるなど、本格的なアクションシーンを堪能できる。特に、冒頭のシーンは要チェック!

他にも、MovieNEXでしか見られない製作の舞台裏やNGシーン、未公開映像などなど、エンターテイメントの醍醐味がぎっしり詰まった『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』MovieNEX。たとえ孤立しようとも、自らの正義に反していれば、属する組織に対してもちゅうちょなく噛みつき、筋の通った性格は誰もが一目置く…そんなキャプテン・アメリカの姿から会社の部下や後輩に示すべきリーダーシップを学んでみるのも、面白いかも!  MovieNEXをチェック!
(R25編集部)

上司にしたいヒーローとは…はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

キャプテン・アメリカの実力を見よ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP