ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

金本知憲氏 「CSの阪神VS広島戦は阪神が有利」という根拠は

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)第1ステージは2年連続の組み合わせとなった。前回は広島が連勝してファイナルステージへ進出。阪神は過去CSに4度出場したが、すべてファーストステージで敗退している。今年も歴史は繰り返されるのか。広島で11年間、阪神で10年間プレーした金本知憲氏(野球評論家)に行方を聞いた。

 * * *
 第1ステージはモチベーションの差が大きく影響します。昨年は特に顕著でした。広島はCS初出場で、勝率5割未満だったにもかかわらず、9月と10月の勝率6割4分の勢いそのまま2連勝で勝ち抜けました。

 僕の現役の時からそうでしたが、阪神はリーグ優勝を大前提に戦っているから、優勝を逃した段階でトーンダウンしてしまう。そのモチベーションで臨むので負けてしまうんです。

 しかし今年は最終戦で勝ったら2位になって本拠地開催できた広島が負け、阪神は終盤の粘りで2位を奪い取った。モチベーションでは阪神に分があります。広島は野村謙二郎監督の辞任をどう受け止めているかですが、テンションが下がったままなら阪神が有利ですね。

 キーマンは、広島はマエケン(前田健太)、阪神はメッセンジャー。両者とも説明不要のエースですが、最終登板で敗戦投手になっている。どれくらい開き直れるかがポイントです。

※週刊ポスト2014年10月24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
プロ野球CS間近 3位が2位を撃破する可能性をデータで分析
MLB帰りなら峠過ぎた選手でもOKと考える阪神GMの無能さ指摘
阪神補強「捕手9人や左投手ばかりで意味不明」と金村義明氏

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP