ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いつもの毎日がちょっと変わる。秘訣は女優気分で「演じる」こと

DATE:
  • ガジェット通信を≫


いいなぁ、きっと何の悩みもないすてきな世界なんだろうなぁ…。
優雅に手をひらひらさせながら、笑顔ふりまき歩く海外の王妃をテレビで見ては、そう思っていました。
しかし「王妃も大変なんだな」と知るきっかけになったのが、10月18日(土)より公開される映画『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』。
グレース・ケリーといえば、女優として人気絶頂のなかハリウッドを去り、モナコ公妃となった華やかな経歴の持ち主ですが、この映画は、そのグレースが、ひとりの女性として悩みながら生きる姿を描いています。

いまを生きる女性にも共通する悩み、人生の選択


まるでおとぎ話のような人生を歩んでいるように見えるグレースでも、悩みがあります。それは、結婚のために女優のキャリアを捨てたものの、創造的な仕事をもう一度やりたいと揺れ動く気持ち…。
私自身、映画の直前に友人とランチしながら、結婚と仕事のバランスについて語り合ったばかり。タイムリーなテーマに、グレースはいったいどういう決断を下したのかと、興味津々でスクリーンに釘付けになりました。
グレースが選んだ道はぜひ映画で観ていただくとして、人生の転機が訪れたとき、迷いながらも、自ら選んだ道にしっかり向き合うことの大切さを強く感じました。

マネしたくなる60’sファッション


映画のストーリーはもちろんですが、次々変わる画面を追いかけるように見入ったのが、60年代のレトロファッション

きれいな赤紫色の帽子や、舞踏会でのヘアスタイルはどれもこれもステキで、60年代ファッションが大好きな私はテンションあがりまくりでした! 

これらの衣装は、1962年当時の雰囲気を再現するために、かなりこだわってつくられたのだそう。「こんな格好してみたい」というお気に入りのレトロスタイルが、きっと見つかるはずです。

覚悟を決めたら突き進もう! と前向きになれる映画

ある秘策を思いついたグレースは、女優時代に培った演技力と人気を武器にして、国の危機に立ち向かいます。とくに印象に残ったのが、言語や外交儀礼を身につけるため厳しい特訓を重ねるシーン。
公妃としての覚悟と、前向きなパワーに圧倒されるその場面では、グレースを応援せずにはいられないと同時に、観ているこちらまでやる気が出てきました!
この作品のキーワードは「演じる」。ニコール・キッドマンの役づくりも必見ですが、たとえスクリーンのなかの主人公でなくても、日常のなかで「演じる」ことは誰にでもできます。
たとえば「今日は白ワンピースでいつもより気品よく」という風に、ファッションや身振りにちょっとしたテーマを設けて、いつもと違う自分を演じるてみること。
グレースのように頭のなかに理想の主人公を描き、女優気分で演じてみることで、勇気が湧いたり、ちょっぴり強くなれたりするから不思議です。

グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札
公開:10月18日(土)よりTOHOシネマズ有楽座ほか全国ロードショー
(C)2014 STONE ANGELS SAS


(グリッティ)記事関連リンク
5時間後には非日常の世界へ! 弾丸でも最高のラグジュアリーな旅
気分は大和撫子♡ 和風女子会は凛とした美しさを育む
食べても太らないおやつで、モデル級ボディをゲット

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。