ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

平井堅、来年1月公開の映画『繕い裁つ人』主題歌を担当

DATE:
  • ガジェット通信を≫

講談社『ハツキス』にて連載中の人気漫画『繕い裁つ人』が、実写映画として、2015年1月31日より全国公開される。同作の主題歌を、2015年にデビュー20周年を迎える平井堅が主題歌を担当することが決定した。

主演は『嫌われ松子の一生』で日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞など映画各賞を総ナメにし、『ゼロの焦点』『阪急電車〜片道15分の奇跡〜』など、高い演技力に定評がある、中谷美紀。監督は、『しあわせのパン』『ぶどうのなみだ』で優しい雰囲気の中に、スピリッツの効いた作品を手掛ける、三島有紀子が務める。

主題歌に決まった事について平井堅は、「今回、僕がカバーした『切手のないおくりもの』が、この映画の主題歌に起用して頂けると聞いて、驚きと共にとても嬉しく思っています。大切な気持ちを伝え送るこの歌が、最後に映画をふんわり包み込んでくれる事を願っております。一針一針心を込めて仕立てる誰かの為の一生の一着。歌手として、僕もそんな歌を一曲でも多く作れたら最高に幸せだなと思いました」とコメント。

また、合わせてポスタービジュアルと予告編映像も解禁された。映像では中谷美紀演じる市江が、見事な手つきでミシンを使いこなし、色鮮やかな洋服を仕立てる姿が映し出されている。世界に1着しかない、“人生で一番似合う服”を作り続ける市江と、そんな彼女に魅せられた周囲の人間とのかけあいにも注目で、三浦貴大、片桐はいり、杉咲花、中尾ミエ、伊武雅刀、余貴美子ら豪華キャスト陣がどのように物語に関わってくるのかにも期待が高まる内容となっている。

なお、今回はポスターにある縫い針のイラストがあしらわれたタイトルロゴはなんと実際、手編みの刺繍で制作され、また水色の生地のデザインは実際の劇中に出てくる市絵が仕立てる洋服のテキスタイルとなっている。市江の洋服さながらの温かみを持ったポスターが完成した。

映画『繕い裁つ人』情報
2015年1月31日より全国公開
監督:三島有紀子『しあわせのパン』『ぶどうのなみだ』
原作:池辺葵 『繕い裁つ人』(講談社『ハツキス』連載)
出演:中谷美紀 / 三浦貴大 片桐はいり 黒木華 杉咲花 / 中尾ミエ 伊武雅刀 余貴美子
配給:ギャガ (C)2015 池辺葵/講談社・『繕い裁つ人』製作委員会

関連リンク

平井堅 official web site:http://www.pinups.co.jp/hirai/
■Ken’s Bar 15th Anniversaryhttp://www.kenhirai.net/bar/
平井堅 YouTube Official Channelhttps://www.youtube.com/channel/UCtwtMDxG0n0Yd0qds38ff0Q

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP