ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高田繁氏「バントや進塁打で給料が上がる2番が合っていた」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 読売巨人軍が9年連続日本一という黄金時代を築いたとき、鉄壁を誇った守備陣の中でも、特に称賛を浴びていたのが「壁際の魔術師」と呼ばれた高田繁氏だった。1968年の1年目からレフトのポジションで活躍した高田氏が、「V9巨人」の強さは、徹底した役割分担にあったと当時の記憶を辿った。

 * * *
 あの頃の巨人はただОNにつなぐ野球をやればよかった。ОN(王貞治、長嶋茂雄)という軸があったから、柴田(勲)さんや土井(正三)さん、僕のような選手がうまく役割分担できたんです。

 とにかくONまでに走者を出しておくのが仕事。僕は2番を打つことが多かったが、2ストライクまでは打たないで柴田さんが走るのを待っていた。単独スチールができない場合には、僕と柴田さんで決めたサインで、2人だけのエンドランをしていました。

 2番は制約が多いし目立たないからイヤだなんて選手もいるけど、とんでもない。ヒットを打たずとも、バントや進塁打を打つことで給料が上がるんだから。守備と足と、チームバッティングの3つを求められていた僕には、2番は合っていたと思いますよ。

 僕は何度かONの後の5番を打ったこともあったけど、もう本っ当~に嫌でしたね。2死三塁で王さんに回ってくると、ОもNも敬遠されて満塁で打席が回ってくる。そうなると「打たなきゃ!」と力んで本当にダメだった。失敗してベンチに戻ると川上(哲治・監督)さんが怖いしねェ。

 あの人には「無言の圧力」があるんですよ。三振やエラーをしてベンチに帰ってきても、何もいわずにジロッと睨まれるだけ。それだけで選手の背筋が伸びたものです。三振したら、川上さんが座っている近くには行けず、遠回りしてベンチに帰ったもんですよ。

※週刊ポスト2014年10月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
巨人OB広岡達朗氏「個人的には広島が勝てばいいと思います」
岡田彰布「無死一塁で相手がバントするほど楽なものはない」
松井秀喜5連続敬遠指示の監督 「人を敬うからこそ敬遠」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP