ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

上原多香子 義母に会うため、故TENNさんの実家に通う日々

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 上原多香子(31才)の夫で、ET-KINGのTENNさん(享年35)が自ら命を絶ってから2週間。がらんとした自宅マンションで、彼女は夫とふたりでかわいがっていた犬の世話を、変わらず続けている。

「少し時間が経って、やっと落ち着いてきたかな、という状態ですが、以前の明るさを取り戻すにはまだまだ…。ひとりきりにはしておけないので、タカちゃんの友人やTENNさんのサッカー仲間が、かわるがわる彼女に会いに来ているんです」(上原の知人)

 そんな上原は、自宅から車で20分ほどのところにあるTENNさんの実家に、足繁く通っているという。

「骨なんかもろても、何が起きるかわからんやん。半年後に別の人と入籍するかもわからんし。それなのにこれあったら足枷やろ」

 女性セブン2014年10月16日号で報じられたとおり、姑は親族にそう漏らし、TENNさんの遺骨を上原に渡さなかった。

「早く息子の死を乗り越えてほしい」

 そんな姑の思いは上原にも届いているという。

「それでも、そう簡単に忘れられるわけがありません。タカちゃんは、TENNさんのことを心から愛していましたから」(前出・上原の知人)

 上原がTENNさんの実家を訪れるのには、もうひとつ大きな理由があった。芸能関係者が明かす。

「中学2年生のときに地元・沖縄を離れ芸能界デビューした上原さんには、“母親代わり”になった事務所関係の女性がいたんです。そのかたが、今から3年ほど前に亡くなった。すっかり落ち込んでいた上原さんを励ましたのが、TENNさんのお母さんだったそうです。いくらお母さんが“気持ちを切り替えてほしい”と願っても、上原さんのほうからTENNさんと、そしてお母さんから離れていくことは考えられないと思いますよ」(前出・芸能関係者)

※女性セブン2014年10月23・30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
故TENNさんの母 妻・上原多香子に「息子の骨渡せん」の理由
上原多香子 夫TENNに不安あったが東京に移り住もうと言えず
上原美優さん 勉強が苦手でも池上彰氏に質問を繰り返す

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。