ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ノーベル賞受賞者とアカデミー賞を狙う『フューリー』の共通点は「激しい怒り」!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月7日に発表された2014年度のノーベル物理学賞で、日本人研究者3名が同時受賞という快挙が成し遂げられたが、受賞者の一人である中村修二氏は、「”怒り”がすべてのモチベーションだった。怒りがなければ何も成し遂げられなかった」とコメントしたことも話題となった。
氏が憤ったのは、青色発光ダイオード(LED)を発明し、量産化を目指して開発してきた中村氏を取り巻く周囲の態度。青色LED開発後、当時勤めていた日亜化学工業と特許を巡り訴訟に至った経緯、自分の発明特許を会社が独占し、技術者の自分には「ボーナス程度」しか支払われなかったことに怒りを感じながら、その怒りの感情をさらなる研究への原動力に変えたのだ。

「怒り」を表現する英語には、中村氏が受賞後の会見で用いた「anger」が最もポピュラーだが、「rage」(激憤)、そして”最も激しい怒り”を表す「fury」の3つの単語がある。

その”最も激しい怒り”である「fury」をタイトルに冠し、ブラッド・ピットが製作総指揮&主演を務め、アカデミー賞に挑んだ戦争アクション大作映画が『フューリー』(11月28日(金)より全国公開)だ。『プラトーン』、『プライベート・ライアン』、『戦場のピアニスト』に続く10年に一度の傑作戦争映画とも言われ、アカデミー賞争いに絡んでくる事は間違いないだろう。

本作は、元海軍出身の経歴を持つデヴィッド・エアー監督によるオリジナルストーリーで、第2次大戦下のドイツ最前線を舞台にした大作で、その脚本に惚れ込んだブラッド・ピットが出演を熱望。ブラッドはナチスへの「激しい怒り」を持つ戦車部隊のドン・コリアー軍曹(通称ウォー・ダディー)を大熱演しており、『ファイト・クラブ』のタイラー・ダーデン、『イングロリアス・バスターズ』のアルド・レインに続き名キャラクターを生み出したと言っても過言ではない。また、ウォー・ダディーとともに300人のドイツ軍に立ち向かう怒れる軍団には、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサルら実力の演技派が脇を固めている。

ビジネスマンの諸君よ、大人しく日々業務につく事はカッコいい事なんかじゃない!時には「激しい怒り」を持って業務を遂行しようじゃないか!

■参照リンク
『フューリー』公式サイト
http://fury-movie.jp/Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。