ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「おちち」に「う○ち」…!? “攻めまくり”の手作りスイーツはうまかった!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人気料理家が監修したり、TV番組とコラボしたり、どんどん本格的な味わいになっているコンビニスイーツ。仕事帰りについつい買いたくなりますね。高知県香美市には、なんとオーナー手作りのお菓子を販売しているコンビニがあるんです。

こちらのお店「コンビニエンスおかばやし」は、いわゆるチェーンのコンビニではなく、個人経営のお店。食料品にドリンク、雑誌、雑貨など幅広い品揃えはまさにコンビニですが、東京・自由が丘のショップの服や某ゆるキャラのグッズ、楽譜など、店内のそこかしこにオーナーのセンスがキラリと光っています。

中でも目を引くのが陳列棚いっぱいのスイーツたち。オーナーの平山智恵さんはもともと、自分の子どものためにお菓子を手作りしていましたが、やがてお店にプリンやシフォンケーキを並べると口コミが口コミを呼び、瞬く間に人気商品に。中でも“おかばやし”のプリンという意味の「OKABAのプリン」は2013年に行われた「スイーツグランプリin高知」の洋菓子部門で堂々の優勝の座に輝いたんです! OBAKAじゃありませんからね~。

平山さんにお話を聞くと、こちらのプリンはオーブンで焼くのではなく、ゼリーのようにゼラチンで冷やし固めているのだとか。それによって独特のもっちりとした食感が生まれています。好き嫌いがあるので、という心遣いからカラメルソースは別添。プレーンの他にもマンゴーや黒ゴマ、ラムレーズンといったバリエーションも。

また店内でもひときわ異彩を放っていたのが…「おちちちゃん」と「うんちくん」!? こちらはメレンゲ菓子。このユーモラスな商品を目当てにやってくるお客さんも多いそうです。パーティーの時などに出せば、盛り上がること必至ですね!

平山さんとスタッフの方がお店の小さな厨房で手作りしているため、どうしても数に限りがあり、県外からお客さんがやってきても目当ての商品が売り切れていることもあって、申し訳ない、と平山さん。もし狙っていたスイーツが売り切れでも、フルーツたっぷりのロールケーキ、飲むプリンなど魅力的な商品が所狭しと並んでいますので、高知県に遊びに行った際はぜひとも訪れてみて。近くにはアンパンマンミュージアムもありますよ♪

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP