ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

木村拓哉とマツコ フジVSテレ朝の代理戦争でとばっちり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1年間だけ同じ高校(千葉県の犢橋<こてはし>高校)に通う同級生だったSMAPの木村拓哉(41才)とマツコ・デラックス(41才)が、妙な騒動に巻き込まれている。

 発端は、9月22日に放送された連続ドラマ『HERO』(フジテレビ系)の最終回。木村演じる久利生公平は、事務官役の北川景子(28才)と墓参りをしていた。

 クライマックスの法廷シーン直前というだけあって、視聴者の緊張感も一気に高まるそんな場面で、木村らの後ろに「古舘家」「竹内家」と書かれた墓石が映り込み、インターネットの掲示板を中心に大問題となっている。

 この日の同ドラマは10時24分までの拡大放送で、『報道ステーション』(テレビ朝日系)と、20分ほど放送時間が重なった。“古舘”とは同番組の司会を務める古舘伊知郎(59才)。また“竹内”は、『報道ステーションSUNDAY』に出ている同局の看板アナ、竹内由恵アナウンサー(28才)ではないかと大騒ぎなのだ。

「名前などが映り込む場合、“鈴木”などといったよくある名字にCGで加工することがほとんどです。ところが画面には偶然にも“古舘”と“竹内”。もしかしたら、たまたま映り込んだのではなく、『HERO』のスタッフが、ふたりの名前を“刻んだ”のではないかとまでいわれています」(テレビ局関係者)

 そんな指摘が入るのには理由があった。同ドラマ放送から遡ること12日、9月10日に放送された『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)の冒頭で、サバイバルグッズの紹介中に丸めた新聞紙に火をつけるシーンがあった。そこで燃やされたのは、フジのグループ会社・産経新聞の8月19日版だった。

「番組などで新聞を燃やす場合、軋轢を生まないよう自分たちのグループ会社のものを使うのが通例です。テレ朝だったら、朝日新聞ですね。ところが、フジ系の産経新聞が燃やされた。通常ではありえない行為に、業界内でも“あれはテレ朝が朝日新聞に代わって産経新聞に報復した”といわれました」(前出・テレビ局関係者)

 ちょうどそのころ、朝日新聞の“慰安婦記事捏造問題”が連日メディアに取り沙汰されていた。その中でも産経新聞は《朝日記事の波紋》と特集記事を組み、紙面には《事実ねじ曲げ》《透けて見える悪意》などという言葉が並んでいた。

「実はマツコは、2013年に『27時間テレビ』(フジテレビ系)にゲスト出演した際、“(フジは)週刊文春の『嫌いなテレビ局』、断トツで1位よ! ダブルスコアよ。相当嫌われてるから!”と皮肉ったことがあるんです。テレ朝はそれに乗っかりたいとの思いもあったのかもしれません」(前出・テレビ局関係者)

“フジ対テレ朝”の代理戦争に巻き込まれた形でゴングが鳴った木村とマツコ。しかしふたりは、こんな騒動が起きてるって知らないのでは…。

※女性セブン2014年10月23・30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
10年前との視聴率比較でテレ朝以外低調 日テレとフジ2%減
夏目三久アナ 年収3億円説飛び出し女子アナ界新女王の声も
木村拓哉『ロンバケ』 最終回のラストはロンドンから生中継

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP